道とは




c0043055_10391302.jpg
注文したミカンが届く。
先日娘や息子、知り合いにはシールの付いた上等のみかんを送ったが、我が家は訳ありミカン。
シールなしで、大きさがまちまち。しかし味には変わりがない。
形の大小だけでお値段は半額である。

そんな中、将棋界の・・・なんと表現したらいいのだろうか。
羽生善治さんが史上初の永世七冠を達成した。
彼は四半世紀もの間途切れることなくタイトルを取り続け勝利は1391勝だという。
しかし、彼のコメントは偉業の喜びより「将棋そのものを本質的にまだまだ何もわかってない。」といったそうである。

今相撲界も相撲道の事が話題に上がってくる。
大横綱の貴乃花と白鵬の相撲道の違いが根本にあるようである。
一つのことにこだわって最高を極めようとする人の道には我々凡人には分からない深いものがあるのだろう。

さて、asanagiはこの頃孤独感に悩まされることがある。
この先、老いゆく道に何が待ち構えているのだろうか、考えると恐怖を覚えてしまう。
何とかしたいと思うけれど、妙案は浮かんでこない。
振り返ってみても道らしきものは見えてこない。
しかし、道を通って来たことは間違いない。
この孤独と不安は道が見えないからなのではないか。

もうゴールに近くなってはいるが、道がはっきりしてくれば不安も恐怖も無くなり、堂々と自分の道を歩けるのではないか。
これからでも遅くないと思うのであった。凡人の浅知恵かもしれないが・・・・・・


c0043055_10392817.jpg




[PR]

by asanagi62 | 2017-12-07 11:39 | 最近の話題 | Comments(0)