2017年 03月 29日 ( 1 )

待っていた電話

c0043055_10381486.jpg
c0043055_10385044.jpg
やっと待っていたうれしい電話が入った。
姉の東京の家族からである。
もっとも、電話は、姉のスマホにかかったのである。

この春、北海道の大学へ進学する孫へお祝いを送ったのであるが、うんともすんとも返事がない。
姉は自分で送金はできなくなっているので、先日姉と一緒にasanagiが郵貯から送金した。

お兄ちゃんの時はいくらお祝いをしたのか、いつしたのか、訳が分からなくている。
ほっときたい気もしたが、このままほっとくと、姉と孫との縁が切れてしまいそうである。
姉が地球を離れるまでは、姉の有一の宝である孫を何としても手放すわけにはいかない。
何とかしてあげたかった。
金の切れ目は縁の切れ目ともいうし・・・・・

そんなこんなで、モヤモヤと心配していたが、約2週間は過ぎていたが、何とかお礼の電話が来たらしい。

姉はうれしいことがあると、元気になり、脳も活性化するようである。
昨夜は普通の人に帰っていた。
c0043055_10385044.jpg


[PR]

by asanagi62 | 2017-03-29 10:55 | 老い | Comments(0)