カテゴリ:おしゃれに生きる( 150 )

マイペースが一番!



c0043055_13592622.jpg
偶然出会った久し振りの彼女は相変わらず素敵だった。

「上で少し話をしない?」という。
エレベーター乗り場へ行くのかと思ったら、その横の階段を上るという。
彼女は背筋を伸ばし、何も持たずにすっすと階段を上っている。
asanagiは左手で手すりを持ち、階が進むごとに、息切れがし、腰を曲げて歩みものろくなる。

カフェかと思ったら、5Fの広場のベンチだった。
「毎日5000歩を歩いており、農作業も手伝う」という。
かつて一緒に行っていた木彫りの趣味もまだやっているという。
たまに卓球もしているという。

頭は白髪であったが、民進党の連蓬さんのように短くカットしており、それがまたよく似合う。

30分ぐらいであったか、「今日は主人がお葬式に行くので、早めに帰らねば・・・」と言ってさっさと帰っていった。
別れた後、全て彼女のペースに引き込まれながら、少なからずショックを受けていた。

この差、何なんだろう・・・・・・

asanagiは思った。
マイペース・・・・マイペースが一番。


c0043055_14222637.jpg


[PR]

by asanagi62 | 2017-09-06 14:22 | おしゃれに生きる | Comments(2)

残り少ない時間、好きなことをするのが一番かも・・・



c0043055_10434549.jpg
日に日に大きくなっていくパンダの赤ちゃん。
母パンダの愛情をたっぷり受けて、可愛いことこの上ない。
小鳥だって、この口の可愛いこと。
親子の写真はいつみてもいいもんである。

さて、昨夜、夫は8時過ぎに帰ってきた。
「熱中症になりかけた。水をくれ~。」
今にも死にそうな悲痛な声・・・・氷を入れた緑茶コップ2杯をがぶ飲み状態であった。

よく聞いてみると、
「広い講堂には扇風機しかなくて、その場を離れて水飲みに行ったり、冷たいお茶を買いに行くこともできなかった」
「昼食を除いてほぼ半日定位置に座りっぱなし。隣の人とおしゃべりも、居眠りもできない状態」・・・であったらしい。
後期高齢者の夫にはちょっと過酷すぎる勤務状態かもしれない。

もともとasanagiは反対で、もっと楽に暮らしてほしいと心から思っている。
「もうこの仕事は今日でお終いにしてください。」と今朝も懇願してみた。

しかし「またお呼びがあればいく。」という。
昨日のことはケロッと忘れ、またピンピンに復活して、趣味の菜園へ出かけて行った。
いうほどには疲れていないのかもしれない。

残された少ない時間、自由に好きなことをするのが一番ではある・・・と思い直すのであった。


c0043055_10435829.jpg


[PR]

by asanagi62 | 2017-09-04 11:18 | おしゃれに生きる | Comments(0)

教養ある生き方を!



c0043055_21094026.jpg
今日から9月。朝から秋の気配。涼しげな風が吹き始めた。
この2か月悩み多い日を過ごしていたが、
「どうにもならないことをくよくよするより、教養ある生き方を選択してはどうか。」と夫は言う。

朝の3時まで眠れぬ夜を過ごして、やっと同意。
今日から生き方を変えたいと思う。

教養ある生き方とは・・・・ずっと考えていたのであるが・・・・とりあえず、無駄のない人生を歩んでみたい。
時間的にも、物質的にも、金銭的にも、合理的に生きてみたい。

とりあえず、ブログを再開。
コメントも開示。

触れ合いも大切にしてみたい。
c0043055_21212697.jpg



[PR]

by asanagi62 | 2017-09-01 21:23 | おしゃれに生きる | Comments(0)

夏じたく



c0043055_11043113.jpg
菖蒲園では花ショウブが咲き始めていた。
昨日この辺りの気温も29,6度。夏日である。
夫は勿論半袖。しかしasanagiはいまだTシャツ、ブラウス、それにベストと3枚の衣類が離せない。
気温の異変か老化のせいか、今年は薫風を感じないまま夏がやって来ている。

そんな中、買い物に出かけた。
夏用の足首から下の靴下や、下着。そろそろ夏支度である。
例によって割引やバーゲン大好きのasanagiであるが今日は下着が2割引きであった。
靴下3足、下着2枚買って・・・・・割引とポイント券で、なんと149円。
新しい靴下も下着もうれしいとは思はないが、こんな買い物ができると何ともうれしい。

いつまでたっても戦後の貧乏性が抜けきらないasanagiであった。


c0043055_11045459.jpg


[PR]

by asanagi62 | 2017-05-21 11:27 | おしゃれに生きる | Comments(0)

赤レンガ館


c0043055_10550619.jpg
ゴールデンウイーク二日目は赤レンガ館まで散歩。
ここは明治の中ごろ(明治29年)銀行として建てられたもの。
市の観光の中心的な存在であるが、相変わらず観光客は乏しく展示も昨年と同じ。
しかし2Fでは素描の展示即売会があった。
さすがっという感じだった。
c0043055_10552104.jpg
少し歩くと道の駅。
不断より少し観光客がいただろうか。
ここから無料でつつじ公園までのバスが出る。
行ってみたかったが、この時点で暑いしへとへとであった。
手ぶらでお散歩のつもりだったので、お土産物は見るだけ。
c0043055_10554430.jpg

c0043055_10560784.jpg
不断は30分の散歩が1時間を超えていた。
明日はお休みにしたいと思いながら帰途に就いた。


[PR]

by asanagi62 | 2017-05-01 11:25 | おしゃれに生きる | Comments(0)

お殿様公園



c0043055_11380364.jpg
ゴールデンウイーク初日はお殿様公園へ出かけた。
公園といっても、かつての住まいがあるだけ。
最近は少し庭が整備されているが相変わらず観光客のいない観光地で、草がたくさん生えていた。
ゴールデンウイーク初日だというのに定休日であった。

門前にはノーベル賞受賞者の中村修二博士の碑があった。
目の前の高校を卒業して徳島の大学に進み徳島の企業で研究したことが認められたらしいが写真付きの碑だけは立派。
c0043055_11384349.jpg
かつては松並木だったらしいが今は跡形もない道をまっすぐ進むと、もう一つの碑。
この高校で学び山口大学を経てブリジストンタイヤに進み、成功をおさめた桝山健三氏の碑である。
彼は後に私財を投げ出して桝山文庫を設立。
莫大な基金は現在市の教育に貢献しているそうである。
偉大な人がいるものである。
c0043055_11385712.jpg
澄み切った青空、郷土愛に燃えた先人、清々しい気持ちを味わいながら帰途に就いた初日であった。
ここは我が家の散歩道、娘や息子の母校でもある。


[PR]

by asanagi62 | 2017-04-30 11:54 | おしゃれに生きる | Comments(0)

ポイントが5倍?


c0043055_14411536.jpg
今日は買い物の日。
誕生日月はポイントが5倍になるという。
ポイント券もたまっていることから、何か掘り出し物でも買えたらと思って2Fへ上がってみた。
初めは細めのズボンでも買おうかと思ったが、3割引きの物も5割引きの物もasangiに似合いそうなものはなかった。

ぶらぶらしているとブラウスが目にとまった。
柄よりも値段である。
5割引きであった。
ポイント券を入れると500円ぐらいで買えそうである。

今度は柄の方に目を移すと、あの朱色がどうも品性にかける。目立ちすぎる。
インナーならいいか。家で着るなら許せるか。
後期高齢者だからといって、いつもくらいのばかりではなあ・・・・いろいろ考えは巡る。

結局、500円ならぐちゃぐちゃ考えることもあるまい。
ということで買ってきた。

こうして今日は時間が過ぎたのであった。
c0043055_14421492.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-04-18 14:57 | おしゃれに生きる | Comments(0)

素敵な老夫婦

c0043055_13175778.jpg
今日は買い物の日。
ダウンジャケットを着てきたが、着ている人はいるかな、と思いながら歩いていた。
その時、白髪頭のご夫婦がやって来た。
夫は赤のジャケット、ご婦人は黒のジャケット。
品の良い、感じの良いご夫婦であった。

asanagiはこんな夫婦にあこがれている。
いつまでたっても毛染めをする夫には白髪頭の感じの良いおじいちゃんになってほしいし、
asanagiもそろそろ毛染めを止めたい。

asanagiは見ないふりをしてご夫婦をじろじろと見ていた。

ところがその人、以前は仲の良い知人。
お互いに眺め合って10メートルほど行ったところで、やっと気が付いた。

永い間合わないうちにお互いの風貌が変わってしまって分からなくなってしまっていたのである。

しかし、彼女、随分素敵に変身していた。
しばし、介護疲れを言い訳にして無頓着であったことを反省した次第であった。

[PR]

by asanagi62 | 2017-02-21 13:40 | おしゃれに生きる | Comments(0)

あわてて大掃除

c0043055_14400369.jpg
突然、東京の甥のお嫁さんがやって来ることになった。

「松山まで来ているので、夕方帰りにお寄りします。」ということであった。
レンタカーを借り、カーナビを頼ってやって来るそうであった。
今の若い人は本当にすごい!

早速わが家は大掃除が始まった。
こたつをのけようと言いながらそのままにしていたがこの際しまう。
掃除機は夫の役目。

机の上のものをかたずけ、テーブルセンターもお客さん用のものに。
ソファーもこの際カバーをのけて座布団もお客さん用のものに。
トイレなど水回りの掃除はasanagi。

バタバタと命令するまでもなく日頃の分担をこなしていった。
1時間もすると見違えるようにきれいになった。

来客にあわて二人は大掃除・・・・夫の川柳である。
我が家のいつもの光景であった。



[PR]

by asanagi62 | 2017-01-28 14:41 | おしゃれに生きる | Comments(0)

髪を切ってすっきりとしたのに・・・・

c0043055_16222819.jpg
2か月ぶりに美容院へ行った。

カット、毛染め、洗髪、ブローをして頂くと終わり。
美しくなったとはお世辞にも言えないが髪だけは黒光。
久しぶりにすっきりさっぱりした。
もうそろそろ毛染めを止めたいが、夫が黒いので釣り合いを考えると止められないでいる。

夫は結構毛が抜けており、頭のてっぺんは地肌が見えている。
はっきり言うと剥げているのである。
もうそろそろ止めて、真っ白くした方が抜け毛も目立たないような気もするが・・・・
通信で、毛染め薬や、少なくなった毛を固めてふわっとする薬をないしょで買っており、
そうした努力に対してどうしても止めなさいとは言えないのである。

さて、美容院で2時間過ごして帰ってきた。
おっとはちらっとasanagiの方を見たが、
「長い電話。」と一言。
2Fで姉と長電話をしていたと思っているようであった。
asanagiの頭には全く気付いていない夫であった。




[PR]

by asanagi62 | 2017-01-27 16:23 | おしゃれに生きる | Comments(0)