カテゴリ:おしゃれに生きる( 143 )

素敵な老夫婦

c0043055_13175778.jpg
今日は買い物の日。
ダウンジャケットを着てきたが、着ている人はいるかな、と思いながら歩いていた。
その時、白髪頭のご夫婦がやって来た。
夫は赤のジャケット、ご婦人は黒のジャケット。
品の良い、感じの良いご夫婦であった。

asanagiはこんな夫婦にあこがれている。
いつまでたっても毛染めをする夫には白髪頭の感じの良いおじいちゃんになってほしいし、
asanagiもそろそろ毛染めを止めたい。

asanagiは見ないふりをしてご夫婦をじろじろと見ていた。

ところがその人、以前は仲の良い知人。
お互いに眺め合って10メートルほど行ったところで、やっと気が付いた。

永い間合わないうちにお互いの風貌が変わってしまって分からなくなってしまっていたのである。

しかし、彼女、随分素敵に変身していた。
しばし、介護疲れを言い訳にして無頓着であったことを反省した次第であった。

[PR]

by asanagi62 | 2017-02-21 13:40 | おしゃれに生きる

あわてて大掃除

c0043055_14400369.jpg
突然、東京の甥のお嫁さんがやって来ることになった。

「松山まで来ているので、夕方帰りにお寄りします。」ということであった。
レンタカーを借り、カーナビを頼ってやって来るそうであった。
今の若い人は本当にすごい!

早速わが家は大掃除が始まった。
こたつをのけようと言いながらそのままにしていたがこの際しまう。
掃除機は夫の役目。

机の上のものをかたずけ、テーブルセンターもお客さん用のものに。
ソファーもこの際カバーをのけて座布団もお客さん用のものに。
トイレなど水回りの掃除はasanagi。

バタバタと命令するまでもなく日頃の分担をこなしていった。
1時間もすると見違えるようにきれいになった。

来客にあわて二人は大掃除・・・・夫の川柳である。
我が家のいつもの光景であった。



[PR]

by asanagi62 | 2017-01-28 14:41 | おしゃれに生きる

髪を切ってすっきりとしたのに・・・・

c0043055_16222819.jpg
2か月ぶりに美容院へ行った。

カット、毛染め、洗髪、ブローをして頂くと終わり。
美しくなったとはお世辞にも言えないが髪だけは黒光。
久しぶりにすっきりさっぱりした。
もうそろそろ毛染めを止めたいが、夫が黒いので釣り合いを考えると止められないでいる。

夫は結構毛が抜けており、頭のてっぺんは地肌が見えている。
はっきり言うと剥げているのである。
もうそろそろ止めて、真っ白くした方が抜け毛も目立たないような気もするが・・・・
通信で、毛染め薬や、少なくなった毛を固めてふわっとする薬をないしょで買っており、
そうした努力に対してどうしても止めなさいとは言えないのである。

さて、美容院で2時間過ごして帰ってきた。
おっとはちらっとasanagiの方を見たが、
「長い電話。」と一言。
2Fで姉と長電話をしていたと思っているようであった。
asanagiの頭には全く気付いていない夫であった。




[PR]

by asanagi62 | 2017-01-27 16:23 | おしゃれに生きる

愚痴の多い一年だった。

今日で1年が終わる。

今年は姉が突然倒れ、介護に追われた年であった。
それまでに祖父母、両親、妹、叔母、義理の両親などいろんな人の死を見てきたが、責任を持って介護に当たったことは無かった。
誰かがするだろうという無責任な気持ちがいつも勝っていた。

姉は夫も子供にも先立たれ、東京に息子の忘れ形見の孫を残すだけで、身寄りがない。
不断から、姉妹には迷惑はかけられないとは言うものの、近くに住む者はasanagiしかいない。
当然見て見ぬふりはできない。

今年は夏ごろから、責任を持って介護に取り組むことになってしまった。
姉は只今軽度の認知症である。
会話におかしい所は見つからないものの言ったことも聞いたこともすぐ忘れてしまう。
曜日も日づけもメチャメチャであった。
もちろん過去の記憶もまばら、仕舞いこんだものが分からない事も度々であった。

そんな中、わかっているのに信じては裏切られる事も度々。
その度に愚痴が出る。
もちろんその愚痴は相談相手の次の姉にしか言わないが、愚痴の多い年であったと思う。

来年は愚痴は言わない。不言実行である。
無駄な鳥越苦労はしない。人の事より自分も大切にする。
4月には後期高齢者にもなる。もう後が少なくなった。
1日1日、一瞬一瞬を大切にして、今自分が出来ることは全部したいと思う。
そして明るい1年にしたい。
c0043055_13510634.jpg



[PR]

by asanagi62 | 2016-12-31 13:51 | おしゃれに生きる

簡単にできた!

いよいよお正月まであと三日、正月準備も最高潮!

今日からお客様の布団に掛布をかけるところまで来た。
毎年、7人分の布団の準備は大変。一番腰に来る。
特に掛布カバーは大変。
冬はまだいいが、夏など汗をかきかきやっている。

ところが先日あさいちで、掛布のかけ方をベテラン布団職人さんが伝授していた。
さっそく丁寧に見る。
そして今朝はためしてみた。

なんといっても4隅と、4端の紐結びが大変であったが、伝授通り布団の上にカバーを置きまず紐を結んで、
あらよっとひっくりかえすと出来上がった。

ほんとにプロって素晴らしい。
これで布団のカバー付けがらくらく。
明日は最後の買い出しである。

ありがとうございました。
c0043055_10505713.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-12-29 10:51 | おしゃれに生きる

寝過ごしてしまった!

久し振りに6時まで寝てしまった。
寝起きはボーとしていてまとまらないが、その内昨日の事が浮かんでくる。

昨日はまもなく運転免許の書き換えテストを控えて、車庫入れの練習に行ったのであった。
もちろん師匠は夫。

この師匠、弟子の状態のことはお構いなしに自分で教えたいことばかり主張。
一から教えようとする。

弟子は運転歴50年のベテラン。(と思っている)
ある程度は体で覚えている。
しかし、車庫入れをほとんどしたことが無い。
いつも広場に突っ込みで置いている。
弟子としてはバックミラーを使ってすっきりと入れることを覚えたいだけ。

当然二人の間には意見がかみ合わず、肝心の実力アップにはつながらない。

約1時間、同じことを繰り返しているうち、運転しているのに船酔い状態になってしまった。
もうへとへとである。

久し振りに疲れた感がどっと来て、上達は全くしないまま帰ることにした。

そのせいかもしれない。
今朝は6時まで寝てしまうことになってしまった。
c0043055_11203892.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-12-26 11:20 | おしゃれに生きる

世間では何兆というお金が動いているというのに・・・・

12月に入ると、やはりお店が賑わってくる。
大好きな年末セールが始まったのである。
連日2割引き、3割引きと賑やかであるが今日やっとしきパットが4割引きと出た。
ユニクロもこの冬2回目の売り出しが始まった。
お目当ての品物が700円も安くなっている。
セール大好きのasanagiとしては心が躍る。

早速出かけることにした。

まず、スーパーマルナカで食べ物と姉の下着。
続いてエデイオンでカラーインクを。
更に野菜市場で野菜を買い、そのままスーパーで敷きパット4割引きをゲット。
そして食品も。
その後、11時開店のユニクロへ行き極暖の下着とフリースをゲット。

安いものばかりではあるが、ポンポンと買い物かごに入れ、久しぶりにすっとした。

しかし、考えてみると、今日は株価がこの冬最高の高値19000円を更新したらしい。
これでまた何億何兆も儲ける人がいるんだろうか・・・・
原発の後片づけは21兆円を超えるとか・・・・・これも気の遠くなるような金額。

世間では小池知事じゃないが1兆2兆とお豆腐のように気が遠くなるようなお金がどんどん動いている。
この格差はなんじゃあ・・・・と思うとすっとしたものがスーッと消えてしまう。
c0043055_15022833.jpg



[PR]

by asanagi62 | 2016-12-09 15:05 | おしゃれに生きる

やはり似合うとは思えない!

通販のコートがやって来た。
予定より一日早い。
どうも似合いそうもないと思うと、箱も商品も包み紙も元のままを壊さないようにそっと開ける。

色はグレイで、モデルと変わりはない。
手触りも申し分ない。
袋からそっと出して、持ち上げてみる・・・重い!

最近はユニクロの暖かくて軽くて安いフリース系の商品ばかり身に着けているので重いものは体が受け付けない。
たたみじわがあって、アイロンでもかけないといかにも安物に見える。
しかし熱をかけたものは返品が聞かないそうである。

今度は着てみる。
一番気にしていた袖はぴたりあっている。
しかし、身ごろが何とも大きい。
袖付けが肩より5センチぐらい落ちていて、柔らかい布であれば肩に沿って流れて何とも感じがいいが、硬めの布なので肩幅が10センチ広くなったような大きさである。

夫は「それでいいんじゃない。」という。
返品が大嫌いなのである。
今回特に夫の名前で買ったので、似合ってないと分かっていても着ることを進めていた。

しかし、asanagiの心の中では
「同じ値段なら同窓会に行った方がいいんじゃない。」・・・何とも現実的でいやらしい。
「ユニクロのダウンコートの方が安くて暖かくて軽いよ。」
「夫には悪いが、似合わない物はねえ。」いろんな言葉が躍っていた。

しばらく考えたが、その日のうちに返品することにした。
もう二度と通販には手を出さないことを決心して・・・・・
夫の優しさには心の中でごめん!
c0043055_10444815.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-11-16 10:52 | おしゃれに生きる

それで行くの?

c0043055_14265097.jpg
今日も小池百合子でお出かけのつもりであった。

薄いベージュのインナーの上に小池百合子を着て、薄いベージュのコージュロイのパンツスタイルである。
asanagiは色彩的に薄いベージュに濁り加減の黄緑はよく似合っていると思っている。
しかし、夫は白っぽいパンツは好みでないらしい。

いつもはasanagiのファッションには関心が無く何も注文を付けることが無かったのに、
「今日はそれで行くの?」・・・・どうやら気になるらしい。
どこが気に入らないのかは理解に苦しむが、目線はラフすぎる小池百合子と白いパンツ。

夜も更けて、通販の雑誌を眺めていたところ、表紙のコートが気に入った。
もちろんモデルはasanagiには似ても似つかぬ美人で若くて、スタイル満点。
よくに合っている。
そこへasanagiの顔を重ねると、好きだけれど・・・似合うとは思えない。

おもむろに、「これ素敵、欲しいなあ。」と言ってみる。
もちろん買っていただこうなんて下心なんてない。

その時、「そのくらいのもの悩むことはない。買ってあげるよ。」
いつになく気前のいい夫であった。

考えてみると、あの、小池百合子、外出用には着てほしくないのかもしれない。




[PR]

by asanagi62 | 2016-11-13 14:27 | おしゃれに生きる

80歳ごろになれば・・・・・

歯のクリーニングだった。
50代から行っている歯医者さんなので、先生も技工士さんもリラックスして何でも話せる中である。

「お変わりありませんか。」と言われると、「上々です。」
歯のことについてはこの会話だけ。
最近は他の会話で盛り上がる。

今日はasanagiのバックが話題に上る。
「素敵ですね。これ大島ですか。」少々持ち上げて質問してくる。

実のところこのバックはいただき物なので生地までは分からない。
おまけに、6年ぐらい洋服ダンスの中で、おそろいのコートと一緒に眠ったままだったのである。

6年ぐらい前といえば、孫の誕生時。
孫持ちのバーバにはこのくらいかなと思って作っていただいたのだろうが、孫のいないわが家に帰ると、少々派手好みのasanagiには何とも地味。
80歳ごろになれば・・・・・・密かに考えていたのである。
着物地で作っていただいたので、高級品には違いない。
日頃asanagiが着る半額のバーゲン製品とは一味もふた味も違っているようである。

あまりほめていただいたので、「今度着てくるね。」とはいったものの、やはり、地味で、イメージの違う高級コートはasanagiには不釣り合いのようである。
c0043055_11494633.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-11-08 11:56 | おしゃれに生きる