カテゴリ:最近の話題( 246 )

大寒の午後



c0043055_15232454.jpg
大寒の午後は穏やかだった。
久し振りにカメラを持って出かける。

c0043055_15434156.jpg
冬枯れの中僅かに咲いていた花、名前は・・・・ガザニア

c0043055_15233407.jpg
垣根から顔を出していた葉・・・・

c0043055_15435599.jpg


[PR]

by asanagi62 | 2018-01-20 15:48 | 最近の話題 | Comments(0)

思った通りだけれど・・・・



c0043055_14122921.jpg
雪の重みでうなだれていた桜草がまた元気を出していた。
全国的に青物野菜が値上がりをしているので、娘に野菜を送ってあげた。
我が家の野菜で送れそうなものは白菜しかない。
早々に野菜市場へ走ったが、野菜市場も今日は随分と品薄であった。

そんな中、昨夜のNHKスペシャルのことがどうしても頭から離れなかった。
震災で両親を亡くした女の人の話である。
結婚し、二人の子供を産むが、どこで歯車が狂ったのか離婚し一人で子どもを育てているようであった。
彼女は両親と別れたのちもずっと両親と一緒に死にたかったという思いが消えなかったようである。

最愛の両親と分かれても最愛の夫と巡り合えたのに、なぜ別れなければならなかったのだろうか。
このことがasanagiには理解できなかった。
勝手な想像ではあるが、彼女はきっと両親と別れて後、あまりにもつらく苦しいことが多すぎ、日常の生活にも影響していたのかもしれない。
だけどそんな時ほど夫の力が必要だったのに・・・・・とも思う。

さてわが家、
一緒に見ていた夫に、
「どうしようもなく暗くて、毎日泣きわめいて、暴れるasanagiがいたらどうする?」・・・聞いてみた。
「離婚はしない。子供を守る。」
asanagiが思っていたような答えでほっとした。


c0043055_14135675.jpg







[PR]

by asanagi62 | 2018-01-18 14:53 | 最近の話題 | Comments(0)

今日も雪



c0043055_13033231.jpg
まだ少し雪が残っていた。

そんな中、今日から大学入学のための共通一次試験が始まる。
雪の為に始業を少し遅らせた学校もあるとか。
昨日の雪による列車事故のことを考えると、心配した方も多いことだろう。
無事終わってほしいものである。

さて、我が家は一日延ばしてお買い物。
やはり品薄と、高値が待っていた。
キャベツが一玉440円、普段は100円ぐらいであったものが・・・
青物野菜はほとんど値上げをしているようであった。
野菜どころのわが市がこんな状態だから他はどうなんだろうか・・・・と思うのであった。
普段は3店ほど回って帰るのだけれど、路肩にはまだ雪が残っており老人はうろうろしないに越したことはない。
早々に買い物を済ませて帰ってきた。

午後からはパン屋さんもやって来た。
雪の中高速を走ってやって来てくださった。


c0043055_13315790.jpg


[PR]

by asanagi62 | 2018-01-13 13:35 | 最近の話題 | Comments(4)

魅せられて!



c0043055_14344718.jpg
雪の中から山茶花が顔を出した。
今朝は思わぬ大雪であったが、午後はもう晴れ。
雪にうもっていたものが次々と顔を出してきた。

そんな中今朝は買い物にも行けず、相変わらずテレビとにらめっこであった。
小澤征二さんが突然出てきてビックリ。
ご病気のせいだろうか、思ったより小さくなっていた。
しかし、音楽の事になると凄く勢力的。
涙もろくなっていて、もらい泣きしながらずっと見てしまった。
やはりすごい人だなあ!

昨日はソニーが12年振りに犬型ロボットアイボを発売。
アイボは人の顔を見分ける、人によって表情や反応が違う、細やかな動きもできる。
不老不死であり、壊さなければ、データーも保存できるし、買う人によってそれなりの進歩もするらしい。
将来は介護にも活躍、お一人様の相棒も勤まるらしい。
これもすごいことだなあ!

昨日は科学技術に酔っていたのであるが、今日は音楽に魅せられてしまった。

c0043055_14350982.jpg








[PR]

by asanagi62 | 2018-01-12 15:12 | 最近の話題 | Comments(0)

アクテイブラーニング



c0043055_13595713.jpg
白采づけが美味しくなった。
今朝は、取り立ての新鮮な白菜で漬物をした。

そんな中、テレビではアクテイブラーニングのことを放映していた。
簡単に言うと、先生が主役の授業から子供が主役の授業へ改革をするという。
以前から主体的学習は取り組んでいたが、先生は教えない、試験問題は自分で作って自分でする。
ここまではいかなかったようである。

昨年の冬であったか、森友問題で、戦前の教育勅語を称賛しているのを見た。
教育改革とは言いながら、どんな方向へ子どもたちを導いていくのか正直不安であった。
しかし、今回は知識の量は変わらない上に対話を重視する。
深い学びの場を創る教育を浸透させることで教育を改革していこうというのらしい。
これで、子供たちはどう変わっていくのだろうか。
金融改革に続いて、教育改革も着実に新しい方向へ動いていることを実感した。

さて、我が家の孫たち。
このお正月は以前のように一緒になって遊ぶ姿は見られなかった。
一人はスマホとにらめっこ。
もう一人はタブレットで、一人ゲーム。
更にもう一人も何やら下を向いてタブレットを動かしていた。

そんな年齢になったのか、教育の影響か、商業主義の影響か、着実に1018年は動いているなと思うのであった。


c0043055_14020710.jpg




[PR]

by asanagi62 | 2018-01-10 14:48 | 最近の話題 | Comments(0)

今年の漢字



c0043055_10365901.jpg
いびつな形のコーヒーカップを買った。
これだと、甘いもの用の器を出さなくてもお菓子を横に置いて頂く事が出来る。
何枚も洗う手間が省けるということだ。
少々重いのが欠点であるが、5人分あるのでお正月には可愛く演出したいものである。

そんな中、昨日は今年の漢字が決まった。
「北」である。

「今は圧力を駆けるとき」と言って政治が煽るものだからミサイルの恐怖が例年に増してすごかった。
しかしその陰には貧困にあえぐ北の人民がいることを忘れてはならない。
はからずも拉致被害者のジェンキンスさんが亡くなった。
今朝、その記事を読んでいると、北への脱北は人生最大のミスであり、その40年間はイヌ同然の生活だったらしい。
敗戦後の日本とも共通している所がある。
不衛生で、ゴキブリやのみはどこにでも見られ、子供の体にはシラミや寄生虫が湧いていた。
あれから70年、日本は随分ときれいになった。
北の人々も早く気付いてほしいものである。

さてわが家の今年の漢字。
平凡であるが平和であった。
年明け早々に孫の中学合格に喜び、そして入学。
次男坊孫も2年生になった。
娘は少し仕事を増やし、外へ出ることも多くなったが、順調らしい。
息子は講演も増え、来春には新刊本も出るとか。
夫は相変わらずボランテイアに勤しんでいる。
今年も何枚か感謝状をいただいたと喜んでいた。
asanagiは元気しか取柄はないが、家族一同それぞれの世界で一歩一歩、歩み始めた年であった。
今年の我が家の漢字は「歩」としておきたい。


c0043055_10382756.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-12-13 11:16 | 最近の話題 | Comments(0)

道とは




c0043055_10391302.jpg
注文したミカンが届く。
先日娘や息子、知り合いにはシールの付いた上等のみかんを送ったが、我が家は訳ありミカン。
シールなしで、大きさがまちまち。しかし味には変わりがない。
形の大小だけでお値段は半額である。

そんな中、将棋界の・・・なんと表現したらいいのだろうか。
羽生善治さんが史上初の永世七冠を達成した。
彼は四半世紀もの間途切れることなくタイトルを取り続け勝利は1391勝だという。
しかし、彼のコメントは偉業の喜びより「将棋そのものを本質的にまだまだ何もわかってない。」といったそうである。

今相撲界も相撲道の事が話題に上がってくる。
大横綱の貴乃花と白鵬の相撲道の違いが根本にあるようである。
一つのことにこだわって最高を極めようとする人の道には我々凡人には分からない深いものがあるのだろう。

さて、asanagiはこの頃孤独感に悩まされることがある。
この先、老いゆく道に何が待ち構えているのだろうか、考えると恐怖を覚えてしまう。
何とかしたいと思うけれど、妙案は浮かんでこない。
振り返ってみても道らしきものは見えてこない。
しかし、道を通って来たことは間違いない。
この孤独と不安は道が見えないからなのではないか。

もうゴールに近くなってはいるが、道がはっきりしてくれば不安も恐怖も無くなり、堂々と自分の道を歩けるのではないか。
これからでも遅くないと思うのであった。凡人の浅知恵かもしれないが・・・・・・


c0043055_10392817.jpg




[PR]

by asanagi62 | 2017-12-07 11:39 | 最近の話題 | Comments(0)

今年の忖度



c0043055_13352338.jpg
マメハチドリのお母さんである。
キューバに住んでいるそうだが、体長5センチ、重さ2グラムという世界最小の鳥らしい。
自分で作った巣の中には小さな卵が2個入っていて、お母さん鳥が温めているところである。
この巣が500円玉ぐらいというから、驚く小ささだけれど、しっかりと、子育てが出来ているようであった。

そんな中、今日は月一回の歯のクリーニングであった。
歯医者さんまでの道々、今年の流行語大賞のことを考えていた。
asanagiも心に残っていた言葉であるが「忖度」が今年の大賞。

忖度とは他人の心を推し量ること。
今までは「こんなふうに思っているのではないだろうか。」と推し測って、良い方に働くように心遣いをしてあげることだった。
しかし、今年の忖度は心を推し量って、悪いことをしてしまった感じがする。

これって、どなたが賞状を頂きに行くのだろうか。
官僚?官邸の人?どなたも胸を張っていただきには行けない気がする。

忖度って、日本人の心を表すいい文化であるはずが今年の忖度は恥ずかしい、と思うのであった。


c0043055_18361213.jpg


[PR]

by asanagi62 | 2017-12-04 18:20 | 最近の話題 | Comments(2)

11月も今日でお終い



c0043055_10262644.jpg
今日で11月は終わり。
我が家の庭には山茶花がポトリポトリ咲き始めていた。

そんな中、昨日はとうとう日馬富士が引退した。
詳しいことは分からないが、asanagiはモンゴルの横綱では日馬富士のフアンであった。
絵がうまく、個展まで開いたこともあったし、ただ一人日本の大学院で勉強したインテリ横綱でもあった。
いろいろと引退後、後輩を育てていくにあたって相撲界に変化をもたらしてくれそうで、密かに期待もしていた。

しかし、横綱の品格とか、暴力とかいろんなことを勘案すると、引退も当然かもしれない。
残念だが、今後はこの過ちを二度と繰り返さないようにして新たな人生を歩んでほしいものである。

asanagiは相変わらず風邪ばかり引いていた月であった。
冷蔵庫の冷風に当たると、くしゃみがでてもうだめ。
洗顔をしていて、シャツが水に濡れるともうだめ。
洗い物をしていて、水が出てくるともうだめ。
外に出て、昨日の空気より寒いともうだめ。
何ともいころが無いというか、免疫力が低下しているというか、よく風邪をひき、後期高齢者を実感した月であった。
雄一、爪の痛みが取れたので良しにはしたい。

明日から12月、いよいよ子供たちの帰省に向けて大掃除の始まりである。


c0043055_10263759.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-11-30 10:46 | 最近の話題 | Comments(0)

黒い霧の中で



c0043055_11565518.jpg
今年もシャコバサボテンが満開になった。
そんな中、昨日は黒い霧の中認可に。
悲しんでいいのか、喜んでいいのか仮計学園獣医学部が認可となった。
愛媛県人としては複雑な気持ちである。
国会を開かず、会期が迫ると、600億円という国民の血税を使って解散。
今日は野党の要望に応えてやっと委員会を開いても中継は無し。
国民の6割以上が疑惑を持っても隠し続け、かばい続けた。
私物化が臭う政権なのに支持率も上がり始めたという。
何とも不可解である。

希望の党は昨日代表も辞任したらしい。
あれほど惨めだと止めるしかないとは思う。
しかし、天国から地獄とはこういうことだろうなあとしみじみ思う。
驕るもの久しからず、つれつれ草の一節を思い出した。

政治の世界は我々の知らないところで、いろんな交渉が行われており、密約だとか秘密文書だとか不透明なことが平然と行われている。
特に戦後の政治は敗戦国として、難しい立場になってしまった。
本当のことはまだまだ奥の奥にあるのだろうと思う。

それに昨日からは相撲界もマスコミを賑わしている。
これも不可解な事件である。

c0043055_11570900.jpg




[PR]

by asanagi62 | 2017-11-15 14:24 | 最近の話題 | Comments(2)