カテゴリ:花( 280 )

狂い咲き?



c0043055_11294289.jpg
冬空に狂い咲だろうか、冬枯れの中大きなひまわりが咲いていた。
我が家の庭でも今年はもう桜草が咲き始めている。
ずっと風邪を引いたと思っていたが、どうやら寒暖差によるアレルギーらしい。
アレルギー状態は春しか出なかったのに、今年は秋も。
植物だけでなく人間の体も結構狂い始めている。

そんな中、今朝もずっと姉のことを引きずっていた。
この頃妄想だろうか、現実だろうか迷うことがある。
6月頃、洗面器いっぱいの尿が出たというので心配したが、本人はすぐきれいになったので医者にはいかないといった。
昨日また血尿が出たらしい。
今度は尿取パットが真っ赤になっていたという。
お医者さんに相談したらしいが、止まらなかったら月曜日にまた・・・ということだったらしい。

老人の血尿は膀胱炎か癌か・・・・考えると恐ろしくなるが・・・・
つぎつぎと体が壊れ、いろんな症状が出てくる。
その度にどんな対応をするか、介護と簡単に言うが、悩ましい。

c0043055_11301298.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-12-03 12:53 | | Comments(0)

愛しくてたまらない



c0043055_14185730.jpg
透き通るような青空の中で、皇帝ダリアが天を突き刺すように咲いていた。
夫の農園である。

どちらかというと、引きこもりがちのasanagi、夫に誘われて、久しぶりに出かけたのである。
大根、白菜、かぶ、人参、玉葱、ホウレンソウなど冬野菜が大きくなっていた。
夏から秋にかけて、汗をかきかき畑を耕し種をまき、水をやり、肥やしも巻き、育ててきた産物である。
asanagiはもうそろそろ家で静かにしていたら・・・と思わないではないが、夫は
「野菜たちが育っていくのがいとおしくてたまらない」そうである。
c0043055_14285917.jpg

c0043055_14291111.jpg




[PR]

by asanagi62 | 2017-12-02 14:30 | | Comments(0)

サザンカが咲いた





c0043055_15182875.jpg
つぼみばかりかと思っていた山茶花が今朝一輪咲いていた。

そんな朝、夫は1泊2日で、山陰の方へ旅行。
7時に出かけるというのに、例によって6時ごろ朝食。
asanagiは5時起きで夫の朝食を準備することになった。

女性並みのおしゃれが欠かせない夫。
今朝も、黒々と毛染めをした髪をとかして、出かけて行った。

さて、今日はのんびりしよう。
と思っていたが、体調が今ひとつすぐれない。
昨日より喉は良くなったと思うけれど、まだ鼻水が止まらない。
止まったかと思うと、微熱がする。
とうとう午前も午後もテレビを見て過ごすこととなった。

こんな日は誰か話し相手が欲しいなとは思う。
今の社会を考えると、それはかなわぬ夢かもしれない。
夫も息子も自分より先立った姉は、「息子が生きていたら、夫が生きていたら。」と嘆いているが、夫も子供も健在のasanagiの前途が賑やかである保証はない。
ますます孤独を感じながらの人生かもしれない。
と、一人になるとますますネガテイブ思考が募るasanagiであった。

c0043055_15191771.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-11-09 15:42 | | Comments(0)

福助が帰ってきた



c0043055_14401051.jpg
菊花展に出していた福助たちがやっとわが家に帰ってきた。
前列が出品したもの。もちろん夫の名前で。
後列はasanagiの名前で出品する予定だったが、出来が悪いので、今年は出品できなかった花である。
しかし、asanagiが育てたわけではない。
一人一品しか出せないので、名前を貸してあげるつもりであった。
毎年菊花展を見に出かけると、お褒めの言葉をいただきばつの悪い思いをしていた。
堂々とできないことはやらないに越したことはない。
ただし、名前を貸したのは嫌がるasanagiを無視して、菊の会の会長さんに頼まれてしたことである。
菊を育てるのは1ねんがかりであり、最近の若い人は面倒なことは嫌う。
年々出品者が減って展覧会が年々細っていることの苦肉の策だろうと思う

c0043055_14403507.jpg
c0043055_14404481.jpg
c0043055_14405450.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-11-05 14:57 | | Comments(0)

今年も開花!



c0043055_15305404.jpg
この所だらだらと秋雨がつづく。なんだかうっとうしい。

そんな中文化祭用に育てている菊が開花し始めていた。
今年は天気が悪い上に我が家は日当たりも悪い。
その上、昨年から夫は大事な役をたくさん引き受け、大忙しである。
もう文化祭出品は止めた方がいいのではないかとasanagiは内心心配をしていた。

しかし、そこは我が夫、始めたらどんな困難にも屈せず続けることを止めようとしない。
今年もなんとか開花までこぎつける事が出来た。
昨年より開花は遅れたが、花はどうだろうか。
何はともあれ、続けて出品することが大切だとは思う。

今日はもう一つ嬉しいことがあった。
思いがけなく息子からお菓子が届いたのである。
こちらも野菜や果物など、asanagiの贈り物に対するお礼だそうである。
甘党のasanagiを思って、思いっきり甘い亰の和菓子。
明日からのコーヒータイムが楽しみである。

ありがとうね。


c0043055_15310714.jpg



[PR]

by asanagi62 | 2017-10-17 15:45 | | Comments(0)

我が家のアジサイ

c0043055_15340181.jpg

c0043055_15342403.jpg

c0043055_15590454.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-06-16 15:55 | | Comments(0)

ビヨウヤナギ



c0043055_11255727.jpg
この時期になると毎年ご近所のビヨウヤナギが満開になる。
沢山の蕊を持ち、黄金色をしたこの花、大好きであった。

しかし今年はもうない。

しばし空き家になっていて、花だけが見事に咲いていたが、今年になって住民が変わったようである。
庭の草を刈り、垣根の花もすべてカット。
広々とした庭のバラもビヨウヤナギもそのほか沢山の季節の花が失われた。

寂しいとしか言いようがない。

こうして時がたち住民も変わり周りの景色も次第に変わっていく。

c0043055_11261773.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-06-02 11:38 | | Comments(0)

疲れました!

c0043055_12044170.jpg

c0043055_12041776.jpg

c0043055_12050544.jpg




[PR]

by asanagi62 | 2017-05-09 14:39 | | Comments(0)

クレマテイスの思い出



c0043055_10360708.jpg
ゴールデンウイーク4日目。かねて予約済みの歯のクリニックへ出かけた。
この時期、クリニックにはクレマテイスが満開。
カメラを提げて勇んで出かけた。
しかし無い。今年はどこにもなかった。
帰り道、新たに出会ったのがこの色のクレマテイスであった。

c0043055_10293858.jpg
これは昨年撮ったもの。
赤紫の花がたくさん開いている。

我が家にもクレマテイスがあった。
あれから27年になるだろうか・・・・
asanagiの教員生活は23年間であった。
当時、夫が管理職になると妻は退職しなければならなかった。
強制ではないが、退職しないと管理職にはなれなかった。
当時を振り返ると、脂がのりきって、教師として少し自信がついたころであったので、泣く泣く退職をしたのを思い出す。
その後、間もなく初任者研修制度ができ、第一回の草分け的指導教員となり、職場復帰した。
しかし、身分は非常勤であった。
その時の新採の教員からお別れにお礼として頂いたのがクレマテイスであった。
c0043055_10222361.jpg
その後、永い間我が家の庭で、春が来ると芽を出し咲いてくれていた。
しかし、この花も今はもうない。

クレマテイスはどこに咲いていてもいろんな思い出が甦ってくる。


[PR]

by asanagi62 | 2017-05-03 10:56 | | Comments(0)

ツツジが満開


c0043055_16201079.jpg
ゴールデンウイーク三日目はフラワーパークへ。
チューリップが一段落し、観光客は皆無であった。
しかし、つつじが満開。
素朴な山ツツジの赤が空に映えてきれいだった。


c0043055_16221714.jpg


c0043055_16205236.jpg


c0043055_16214407.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-05-02 16:28 | | Comments(0)