ザンジバル アカコロブスとイカ入りタケノコご飯


c0043055_10201979.jpg
このお猿さんはザンジバルアカコロブス、炭を食べるんだそうである。
なぜ炭を食べるのかというと、やはり生活の知恵。
栄養の補足というより、毒素の消化、薬用のようであった。
ザンジバルでは日本の犬や猫のように猿が人間と一緒に暮らしている。
道端ではどこでも見る風景だそうであった。

さて昨日はお隣からやわらかい筍をいただいた。
昨年丁度鯛を買っていたので、鯛入りタケノコご飯を作ったが、大好評であった。
残念ながら、適当な鯛に恵まれなかったので、今年はイカを入れてみた。
いれたといっても大したことをしたわけではなく、炊き込みご飯の具に筍とイカを加えただけ。
お隣にもおすそ分けして今年も喜んでいただく。
やはり、旬のものは一度は食し春を味わいたいものである。

ところで、筍の栄養素は?と問われると何かなと思う。
伸びきった竹からは想像がつかない。
最近は第6の栄養素として、重宝されてはいるけれど・・・
しかし、春、地下から芽を出した竹の新芽は季節感たっぷりで、食べてみたくなる。
味は?と聞かれると、筍の味である。ほんわかとした春の味である。

すみといい、筍といい生きていくうえでの生活の知恵だなあと改めて思うのであった。

c0043055_10213525.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-04-26 10:47 | 料理

茨城のレンコン

c0043055_10010636.jpg
ご近所さんから茨城のレンコンをいただく。
茨城に嫁いでいる娘さんから毎年送られてくる物のおすそ分けである。

茨城はレンコンの生産量が日本一らしい。
レンコンの穴は見通しがきくとか光が見えるとか言われ、お正月には縁起物として重宝されるらしい。
ポリポリした食感は大好きであり、食べ始めると止められなくなる。

今年はレンコンの上にレンコンの花の写真までいただいた。
レンコンの花は睡蓮と花も葉もよく似ているが、睡蓮には根が出来ないらしい。

お正月の一品がまた一つ揃った。
c0043055_10083640.jpg


[PR]

by asanagi62 | 2016-12-19 10:11 | 料理

あきなす

今朝の新聞ではスーパーフジが3日発表した2016年8月中間決算によると、経常利益と純利益が過去最高を更新したらしい。そのわけの一つに惣菜の充実をあげていた。

先日コンビニでも同じように惣菜の充実をあげていた。
ホテル味のハンバーグやそのほか肉類はとても人気があるらしい。
働き方改革で、主婦や女性が外に出るようになると、どうしても早く簡単に美味しくいただける惣菜はありがたい。

わが家も、外で働いているわけではないが、よくお惣菜を利用している。
昼前に買い物に行くと、昼食はお弁当を買ってしまう。
asanagiは昨日の残り物をいただくときがあるが、夫はお弁当の日が多い。
ついでに夕食にお刺身を買ったり、フライやてんぷらなども油を家で扱うのが嫌でつい買ってしまう。
ノンオイルフライヤーを買いたいと思うのもそのためである。

しかし、お惣菜は美味しいが、老人には味が濃い。
淡白な味の野菜が欲しくなる。その時の新鮮な野菜は特に美味である。

今日は夫が秋ナスとピーマンを収穫してきた。
つやつや光っていて、皮もパリッとしていて、いかにもおいしそう。
夕食には茄子の酢の物、焼きナス、茄子の塩もみをして、さっぱりといただきたいものである。
c0043055_15352483.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-10-04 15:36 | 料理

いちご大福

少し余ったお野菜をおすそ分けしただけなのにいちご大福をいただくことになった。
手作りだという。
旦那さんのT君は1年生の時asanagiが受け持ち。
6年生の時夫が受け持った。
人柄のいい子だったせいかお嫁さんも可愛くて人柄がいい。
幼稚園の時は息子と一諸だった。
3人の子持ちである。

asanagiはいちご大福は買って食べたことはあるが自分で作ったことはない。
作れないし作ろうとしない。
でも手作りほど暖かくてうれしいものはない。

美味しかった!ありがとうね。

この箱は捨ててくださいと言ったけれど、今度はトマトを入れて返そう。
でも、お返しの乱発にならないようにしたいな・・・・
c0043055_11255340.jpg

久し振りの快晴。
少しひんやりとしたさわやかなかぜが肌に心地よい。
長そでのシャツは終って今日から半袖の服にすることにした。
c0043055_11302846.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-06-14 11:31 | 料理

功労賞の知らせ。

今日もうれしいニュースから。

今朝の事であった。

夫が、7月1日県警から表彰されることが決まった。
その知らせが突然飛び込んだのである。

正式な名前はいただいてみるまで分からないが、功労賞のようなものらしい。

退職後長い間青少年健全育成に陰ながら手助けをしてきた。
主に、補導やパトロールなど、寒い日も暑い日もボランテイヤで、子供たちを見守って来た。
asanagi自身も頭が下がる。
c0043055_1652327.jpg

うれしいことがあると、ついつい心も軽く、体も軽い。

昼食は先日の新聞に載っていたレシピ、トマト入り焼うどんを作ってみた。
ちょうど、豚肉、トマト、玉ねぎ、讃岐うどん、ネギ、鰹節、材料はどれも揃っている。

冷凍してしているうどんを解凍し、豚肉を炒める。
砂糖としょうゆを入れ更に炒める。
そこへ玉葱とトマトを入れ更に炒める。
うどんを入れ、大匙半分の醤油を鰹節に入れ、それも加えて更に炒める。

切って炒めるだけ、こんな感じ。
c0043055_1773715.jpg


簡単であったが、意外とおいしかった。

残念ながら、写真を撮り忘れたのでレシピの写真をお借りした。
本物は次に作った時にしたい。
c0043055_1701588.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-06-09 17:03 | 料理

我が家のキュウリ

今日から6月

早々に今年はこんな可愛いキュウリが取れた。
まずはお披露目。
名前はミニきゅうり。
大きさは10㎝ばかりだけれどたくさん実が付き鈴なりになるらしい。

早速サラダに。
パリッとした食感で、味は普通のきゅうりと変わらない。
c0043055_20451559.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-06-01 20:48 | 料理

美味しかった!

久し振りにお魚屋さんがやって来た。
今日は美味しそうなクロダイ。
早速煮物にすることにした。

夫が育てた新玉葱やさやえんどうにシメジを入れた卵とじ。
絹ごし豆腐に新玉葱のスライス。
カボチャと生シイタケの煮物。
ジャコテン入りの炊き込みご飯に味噌汁。
大根葉の一夜づけ。

どれも新鮮な我が家の野菜入り。
豪華ではないが、季節感たっぷり。
おいしかった!

一寸食べ過ぎてしまった。
c0043055_209154.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-04-27 20:28 | 料理

クロダイ

久し振りに魚屋さんが我が家にやって来た。

週2回火曜日と金曜日には行商の魚屋さんが、漁から帰ったばかりの新鮮な魚を持ってきてくださる。

今回はクロダイと、カレイ。
寒カレイも美味しいが、ちょっと痩せているので、今回はクロダイ。

鯛は骨が固いし、我が家の包丁ではとても頭はのけれない。
ふだんは、鯛の眼玉を見ていると、硬そうで、包丁のことを思い出して、止めてしまう。
が、お魚屋さんは頭もはらわたもきれいにのけていただいている。
中骨をのけるだけなら何とかなりそうである。

asanagiは煮物が大好き。
めんつゆだけで、あっさりと煮つけるのが好きだが、夫は臭いがダメ。
焼き物が大好きのようである。

今日はお刺身も買ってあるので、明日まで考えて、気分で、煮ものにするか、焼き物にするか決めたい。
ちなみにお値段は、600円。
年金暮らしには少々贅沢。
しかし、たまには美味しいお魚で、舌鼓をするのもいいかも。

c0043055_169762.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-03-15 16:16 | 料理

新たまねぎ

やっと待ちに待っていた新玉葱ができた。

まだ小さくて、ピンポン玉ほどであるが、今年初めての収穫である。
白くて、柔らかくて、甘みのある新玉葱。

これが出始めると、我が家では湯豆腐が絹ごし豆腐の冷奴になる。
冷たくて、きめ細かな絹豆腐の上に、新玉葱をスライスして乗せ、その上に鰹節をぱらぱらとふる。
愛媛にはかまぼこの赤い部分を鰹節風にスライスした削りかまぼこがあるが、それ等をのせると更に色鮮やかになり、美味しそうである。

そのほか、キュウリとわかめと新玉にカニカマをほぐして入れた酢の物もいい。
そして、ポテトサラダ。
年中、キュウリの酢の物とポテトサラダには玉ねぎの生のスライスを入れているが、生でいただく新玉葱にかなう玉葱は見当たらない。

この新玉葱、例年なら、広島の孫たちがやって来て、収穫を楽しんでいる。
段ボールにいっぱいになった新玉葱。
広島に帰ったら、オニオンスープにするらしい。

若い人の料理はやはり違う。
6歳の孫でも「オニオンスープ作って~。」といっている。
横文字の名前である。

今年の春休みは広島での行事が混んでいるので、これないらしい。
あと2週間もすれば、もっともっとでかくなるので、段ボールに入れて送ってあげるから。

c0043055_15413172.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-03-06 15:47 | 料理

パン屋さんがやって来た

我が家のお二人さんは、パン大好き。
一番のお好みは夫、餡パン。asanagi、揚げパン。

しかし、二人とも最近は少しヘモグロビンの値が悪い。
糖分を取りすぎているのかもしれない。
そこで、ふだんは夫のおやつは小さなオヤツロール・・・チョコ味
毎日コーヒータイムにはこのパンを食べている。

asanagiのコーヒータイムはまだ和菓子。
大きさは少し小さめにしているが和菓子のないコーヒーなんて・・・・・である。

パン食は週2回、バター風味ゆたか、デニッシュ食パンをいただくことにしている。

年のことを考えると、もう好きなものを食べ放題でもいい気がしないでもない。
そうなると、どこまで食べるか・・・・夫の餡に対する終点が見えにくいのである。
アンパンも、餡餅も、制限なしなら、5個でも一度にペロリ。

そんなところへ、月一回月末に近い土曜日になると、我が家へパン屋さんがやって来る。
この日だけはお好きなパンを選ぶことにしている。

今日がその日。

夫は餡パンじゃなくて、今日は塩パン。
asanagiは揚げパンが無いので、メロンパンにした。
甘党にはしみる味である。

昼食はもやしたっぷりのマルちゃんの中華そば、がらだし醤油味、であったが、間もなくパンも消えていた。

c0043055_1416574.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-01-23 15:01 | 料理