カテゴリ:すまい( 7 )

福を呼ぶ観音竹がやって来た



c0043055_15062070.jpg
観音竹は愛でたくて、縁起の良い植物だという。
幸福の象徴だともいう。
それに、持っているだけで福を呼ぶとも書いてあった。

人生の末期、とかく暗いことが多くて福に見放されている感もしないではない。

夫は「結婚50周年を記念して何か買うのはごみになるだけ」といっていたけれど・・・やはり何か買いたい
asanagiは何か記念になるものを買っておきたいという思いがだんだん強くなってきたのである。
いろいろ探していたのであるが、玄関に観音竹を置くことに決めた。

これがなかなかいい。

元々この場所にはシュロ竹が置いてあったが、日が足りなくて枯れる。
その後パキラを買うもこれも日が足りないのか枯れる。
諦めていたが、今回は造花にすることにした。
光触媒で、空気もきれいになるそうである。
水やりも無いし、光を求めて外へ出してやることもいらない。
第一老人にはそのエネルギーがいつまであるか分からない。

この上は、寂れ行く老夫婦に福がたくさん入ってくれることを心から願っている。
c0043055_15041947.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2017-05-19 15:24 | すまい

来年は酉年

先日銀行から酉の色紙をいただいた。
姉がダウンして、来年はくるみ絵の干支が無いと思っていたところ、色紙をいただきこれで玄関は埋まった。

昨日はお床におく置物の酉を探したら、12年前に飾った酉の置物が2組も出てきた。
これでお床も大丈夫。

更に今日、酉にちなんだ和菓子が届く。
店にも正月用のお飾りが目立ち始めた。
あと2週間でお正月である。
c0043055_18474927.jpg
同じ画像が2枚も出てしまった。しかし消し方が分からない。
宝袋が3つもあるこの和菓子、来年はどんなお宝がやって来るのだろうか。
楽しみである。
c0043055_18474927.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-12-15 18:49 | すまい

朝からヘロヘロ

昨夜の雨も上がり、今日は晴れそうな気配であった。
しばらく排水口の掃除をしていないせいか何だかにおいがする。
雨のせいもあるかもしれない。
今日は念入りに掃除をしようと思った。

まず、お風呂のふたの裏側。
メガネをはずしてみると、全く汚れは見えないが、メガネをかけると、継ぎ目に線を引いたようなカビがついている。
スポンジに洗剤を付け、たわしでこすり、スポンジでこすり、した。
もちろん昨夜のふろ湯が少し残っているので、その中で、腰を反折にしてこすっていった。

腰を曲げるということは重労働である。
全面を洗い終えた段階でもうヘロヘロであった。
排水口は手付かずであるが、続きはまた明日することにした。
随分スタミナもなくなってきたようである。

今日は朝からTVのどの局もアメリカ大統領の事で賑わっている。
問題だらけのわが国の政治問題のことはほとんど報道しないのに、アメリカや韓国、東京都のことは連日面白おかしく報じている。
国民を無関心にさせているうち、国民不在で、大事なことが進んでいるようで、気持ち悪い。

c0043055_1165783.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-11-09 11:15 | すまい

いよいよ関東の方も昨日梅雨入り。
本格的な雨の季節がやって来た。

先日、日本の川で、洪水の危険率の高い川が出ていた。
我が家の近くの川もその一つ。
以前のデーターによると、南海地震がやってきたら、我が家は震度7地帯である。
また、200ミリや500ミリの雨が降り、その時川が氾濫すれば、3メートルの水が来るという。

一階はダメだな。二階に上がればかろうじて助かるかもしれない。
そんな思いでいた。

ところが今回のデーターでは、そんなもんでは済まないという。
雨量が100ミリや200ミリでは済まなくて、1000ミリ以上にもなるかもしれないという。
そうなると、川の氾濫で、我が家に押し寄せる水は10メートルを越すだろうという。

夫はとにかく逃げるという。
asanagiは避難命令が出てからは逃げないという。
歩いて逃げている方が危ないと思う。

いずれにしろ、逃げても逃げなくても地獄の到来には変わりがない。
生きていれば何とかなるさは年寄りには通用するだろうか。

いろいろ考えると不安であり、自分の力ではどうにもならないような気がしてくる。
この年寄りに出来ることは、大した被害にならないよう、祈るだけかもしれない。
c0043055_1033239.jpg

そんなこんなで、考えると暗くなる。しかしその日まで生きねばならない。
今できることは一日一日を大切に、できるだけ楽しく生きることではないだろうか。

今日はクイズの日。
外出する夫にデイリーを買ってきてもらうことにした。新聞は140円。
毎週買うと、月にして560円。一年で、7000円近くかかる。
これだと、クイズの本を買った方が良いかもしれない。

数独と、漢字ナンクロ、クロスワードパズルなどが載っている。
毎週やっているので、超難関でも簡単に解けてしまう。

解けた後は超、気持ちいい!

これも楽しく生きるひとつかもしれない。今日もいい日だった。
c0043055_10392228.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-06-08 16:15 | すまい

地震に弱い家

どの局かは定かでないが、地震に弱い家のパターンとして、次のような家をあげていた。

(1)車庫の上に二階がある家。
(2)L字型の家。
(3)大きさの違う窓が並んでいる家。
(4)1階より2階の方が大きくて飛び出ている家。の4種類をあげていた。

他人事として眺めていたが、考えてみると、我が家も例外ではない。

改築したとき、庭を広くするために車庫の上も利用したし、2回目の建て増しで、L字型に増やしてしまった。
北側にはいろんな大きさの窓があるし、玄関は3本の柱があるけれど、二階がとびでている。

うわあ!どうしよう!これって、地震にはすごく弱い家じゃあ!

と思うといても立ってもいられなくなった。

夫に言うと、
「そんなことはない。我が家の柱は特別強いものを使っているので大丈夫。」という。
16年前、改築したときは東北大震災も来ていなくて、耐震性というより、住み心地が良い家を求めていたように思う。
「外観は姉のうちほど豪邸だけれど、中はここの方がモダン。」
上の姉に言われて得意になっていたのも事実。
c0043055_1518522.jpg

午後2時過ぎの事であった。
よりもよって、心配しているこの日に豊後水道を震源とした地震。
この辺りも震度2の地震が揺れた。

たまらなくなって姉に電話。

いろいろ話したが、今となって後悔しても始まらない。

「地震が来て、ぺちゃんこになったら、地震保険でかたずけて、さっさと二人でサービス付き高齢者住宅へ引越せばいいじゃないの。後に住んでくれる人もない家だし、荷物も捨てるものばかり、いっそのこと全部捨ててしまった方がすっきりしていいじゃない。」

言われてみればそうかもしれない。
しかし、複雑なものは残った。

c0043055_15332539.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-05-20 15:49 | すまい

センターテーブル

いきなり姉がやって来ることになった。

午前中、サービス付き高齢者住宅を見学し、昼食をわが家でいただく。
その後、2Fで4時まで話して帰るいつものコース。

しかし、先日こたつをしまい、ソファアを買ったばかりで、コーヒーとケーキをいただくセンターテーブルが無い。

急いで、近くのニトリへ行って購入することにした。
始めは白木のテーブルを買いたくて、店の中をぐるぐる歩き回ったがどこにもない。
何としても今日中に買って帰りたいし・・・・・
夫はテレビ用のローボードでいいじゃないかというけれど・・・・・
迷っている時間もないので、仕方なく店員さんに聞いてみた。

あるある、小ぶりでお安い折り畳みのテーブルが。
白、こげ茶、ブラック。丸いのから、四角いの。長方形。遺物な形のものなど。
いろいろ見ていたら、テレビのブラックと合いそうな少し光沢のあるテーブルを見つける事が出来た。
夫もこれがいいという。
観ていると、だんだん白より、ブラックがよく見えてきた。
これだと、必要のない時には簡単に折りたたんでしまっておくこともできる。
お安いのが何よりいい。

何とか形が整った。

c0043055_21181881.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-03-30 21:22 | すまい

チラシで。

昨日より高校野球が始まる。
若人の行進はいつ観ても気持ちがいい。

誓いの言葉は、今年で92年の歴史に終止符を打つ小豆島高校の主将が務めた。
当たり前にある日常の景色のありがたさに感謝したい・・・・・
素直な気持ちの誓いだった。

豊かな時代に育った彼らの当り前の日常ってどれなんだろうと、考えてしまった。

カー、クーラー、をはじめ、すべての電気製品があって、新しい木の香りのする家に住んでいる。
町に出れば、デパートやスーパーには物があふれ、子供には遊具、大人にはカフェテラスが待っている。
緑に囲まれた公園にはアウトドアスポーツを家族で楽しんでいる人たちもいる。
パソコンを覗けば、地球の後ろ側まで見る事が出来る。

彼らにはこんな姿が当たり前の日常なんだろうなあ。

何といい時代になったことだろうかと、戦後を生きて今があるasanagiは思う。

しかし、ものがあるからって無駄はいけない。
最近は断舎利とか言って、片っ端から捨てているけれど、使えるものは使わないと。
広告一枚だってまだまだ使い道はある。
今日も広告を使って、ゴミ入れを作った。一か月100枚。

食材の切れ端、食材の包み紙、残飯などをいれる。
これを使い古したビニールの袋に入れ、くくって外のゴミ箱に入れる。
夏でもほとんど嫌な臭いが周りに漂うことはない。

ゴミとごみの臭いは快適な住まいには一番の敵である。



c0043055_1053159.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2016-03-21 11:05 | すまい