親バカ街道まっしぐら!


c0043055_10514816.jpg
我が家の庭には今朝も山吹が柿の木の周りで花盛りである。

昨日は、うれしいことが沢山あった。

何と無くパソコンを開けてみると、息子からのメール。
インターネットの番組にコメンテーターとして出ているので、よかったら見て。
というメールであった。

開けてみると、研究室に座った息子がいるではないか。
急いで夫を呼び、二人で見る。親バカである。
息子は、落ち着いていて、どの質問にもぺらぺらと対応しているようであった。
以前はドキドキしたが、その不安は全くなかった。
この道に入って、27年になるだろうか。
コツコツと積み上げたものが確実に実になっているようで、うれしかった。

その後、娘のブログを見ると、偶然にもインターネットのラジオに出ているようであった。
以前新聞に「普通の人のすごい人」として娘が紹介されていたが、そのつながりだろうか。
残念ながら、ああでもないこうでもないとパソコンをいじっている間に番組は終わっていたようである。

何時になっても親バカ街道まっしぐら。
間もなく後期高齢者になるというのに、こだわっている老人であった。
c0043055_10521450.jpg


[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-16 11:08 | 家族

花盛り

c0043055_14353461.jpg
今年もご近所のモッコウバラがたくさん花をつけている。
昨日は夏日のように暖かく地上の花が一度に開いた感じがした。

フラワーパークでは今チューリップが満開。
花見客で、駐車場もいっぱいだった。
c0043055_14402713.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-15 14:42 |

のどかなんだけれど・・・


c0043055_16162180.jpg
今朝の予報では夏日になるかも・・・と言われたが、相変わらず風が寒い。
午前中、買い物から帰って、夫とコーヒーを飲んだ。
なんとなく心は暗い。

今年はヒノキの花粉にも負けているのかもしれない。
ここ数日、目がかゆいし、鼻水くしゃみが止まらない。

午後、夫ははある会の総会に出かけた。
会長なので、昨日より挨拶の練習をしている。
手慣れたこととはいえ、よく続くと感心している。
一人いる部屋は、静かでのどか。

午後、お魚屋さんが来てくださった。
昨日は銀行から誕生祝を持ってきてくださった。
うれしいことは少々あるのだけれど、心が塞ぐのはなぜなんだろう。

昨日お隣さんが入院して、夜は電気がつかなくて、真っ暗。
これが影響しているのかもしれない。
だんだん明かりが消えて近所が暗くなっていくのが怖い。

c0043055_16165715.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-14 16:35 |

疲れました!

,
c0043055_19154558.jpg

「孫が自転車を買ってほしいという」
「夫のお友達が亡くなったという」
「義理の弟に孫が出来たという」
姉は人並みにお付き合いがしたく気になってしょうがないようであった。

どうしたもんかと何日か考えたが、とにかく行ってみることにした。
自宅へ行ったり、銀行へ行ったり、スーパーへ行ったり、一日中姉と腕を組んで歩きまわった。
介護とはいえ、いろんな用事があるもんだと改めて大変だなあと思う。

自宅につくと、お隣さんも
「もう一人ではしんどくて暮らすのが嫌になった」とか。
明日はとりあえず、施設へ入居らしい。


明日はのんびりしたい。
c0043055_19155951.jpg
c0043055_19155951.jpg


[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-12 19:37 | 老い


c0043055_10224845.jpg
雉は日本の国鳥。
幼いころから桃太郎というおとぎ話に登場し、親しんできた鳥である。
しかし、それ以上のものは追求したことが無かった。

先日、nhkの番組に雉が出ていた。
雄は鶏冠の赤といい、羽の光沢や色といいとても美しい鳥なので、思わずテレビに向かってカメラを向けた。
雉は子供を守るためにはヘビにも向かっていくという勇敢な鳥でもあった。

また桃太郎の話に戻るが、なぜ桃太郎はお供にサルと犬と雉を選んだのか。
一説には、サルは知性、犬は忠誠心、雉は勇敢という意味があるのだそうであるが・・・・

雉は飛べるので、今風に考えると、先行情報を得るのにいいからか、と思っていたが、やはり勇敢な鳥なのであった。
c0043055_10234555.jpg
c0043055_10234555.jpg


[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-11 14:04 | 最近の話題

夜桜


c0043055_10145455.jpg
雨も上がったので、夫と二人で夜桜に行くことにした。
サクラは今年度最高の満開。
日曜日と重なり、人気のいないお城も家族ずれで花見をしている人たちでにぎわっていた。

おうどん、生ビール、デンガク、いなりずし、を注文。
なんだか変な組み合わせであるが、夜店においているものをすべて頼んでもこんなもの。
サクラがあればすべて美味しいお花見であった。
何より3度のおさんどんが、本日は2度になる。
asanagiにとってはこれもなによりである。

c0043055_10152656.jpg


[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-10 10:23 | お城山

中学生になった!


c0043055_11145938.jpg
思いがけない贈り物が届いた。
小学校卒業証書を持った写真と中学校の制服を着た孫の写真である。
ずいふんと大人っぽくなって、ちょっとばかりはにかんだ姿であった。
スーツにネクタイである。

もっともばあばとしては、どの子よりイケメンで賢く見えたのは言うまでもない。
我が子の時もうれしかったが、また違った嬉しさがあった。

それと一緒に春休み九州へ家族旅行をした時のお土産も入っていた。
早速、夫と紅茶でいただく。おせんべいであった。
c0043055_11083318.jpg


[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-09 11:28 | 家族

さくら


c0043055_11263202.jpg
今朝は新聞の多くの面が県内の桜名所の写真で埋められていた。
テレビも桜の名所が画面を飾っていた。

やはり、日本の春は桜である。
豪華で、華やかで、桜に勝る花はないとasanagiは思っている。

わが町のお城も今満開である。
丁度この場面が新聞にも出ていたが、手前味噌になるが、asanagiのこの写真の方がどう見てもいい。

夫は
「どこかわが家も花見にでも行くか。」という。

しかし、車に不安のある後期高齢者としては、車での移動はちょっと無理。
駐車場で四苦八苦している姿が浮かんできてこれは無しである。

夫は、
「お城山へ行ってうどんでも食べるか。」ともいう。
不断は観光客のいないお城であるが、この時期、出店も出てしばし賑やか。
c0043055_11272809.jpg
asanagiは歩いて行ける距離ではあるが、どうも気が進まない。
しかし、どれもこれも否定では何となく気の毒な気がしてはいる。

今夜、雨が上がれば、夜桜でも見て、夫はおうどん、asanagiは豆腐の田楽でもいただくことにしようか。
声には出さなかったが密かに決めた。

多分実現はしないとは思う。
なかなか一致点は見つからない夫婦であった。

[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-08 11:51 |

二度とない人生だから


c0043055_16480827.jpg
今日も平凡に暮れる。
例によって夫と二人で金曜日のお買いものである。
野菜市場で、不揃いの新鮮で安い野菜を買い、お刺身や果物など4日分を買う。
最近は揚げ物もめんどくさくなり、市販のものを買ってしまう。
今日は冷凍の酢豚も買ってみた。
だんだんと簡単に簡単に済ましてしまっているようである。

二度とない人生だから
一輪の花にも
無限の愛を注いでゆこう
一羽の鳥の声にも
無心の耳を
かたむけていこう

二度と無い人生だから
まず一番身近な者たちに
できるだけのことをしよう
貧しいけれど
心豊かに接してゆこう

二度と無い人生だから
のぼる日しずむ日
まるい月かけている月
四季それぞれの星々の光にふれて
わが心を洗い清めていこう

だんだんどうでもよくなっていく我が終末人生
しんみんさんの詩は心に沁みる。




[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-07 17:09 | 老い

念ずれば花ひらく


c0043055_11023091.jpg
念ずれば花ひらく
この詩は癒しの詩人坂村しんみんの詩としてあまりにも有名である。
詩もさることながら、文字にも独特の味があって、ついそれに引き込まれるところもある。
彼は愛媛にゆかりがあって、asangiも若い頃一度記念館に出かけたことがあったような気がしている。

昨日、姉の所に行って、近所の人達と話していると、
彼が初めて教鞭をとった学校はasanagiの母校の高校であることが分かった。
今は合併して、市役所は広場になっているが、かつては大きな石碑に彼の詩を掘っていたそうである。
カメラを持って一度訪ねてみたいと思う。

念ずれば花ひらく

苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった
そうしてそのたび
わたしの花がふしぎと
ひとつひとつ
ひらいていった

昨日も姉に振り回されて一日が終わった。
今日もあきらめないで、姉のために祈ってみよう。



[PR]

# by asanagi62 | 2017-04-06 11:12 | 老い