福助が帰ってきた



c0043055_14401051.jpg
菊花展に出していた福助たちがやっとわが家に帰ってきた。
前列が出品したもの。もちろん夫の名前で。
後列はasanagiの名前で出品する予定だったが、出来が悪いので、今年は出品できなかった花である。
しかし、asanagiが育てたわけではない。
一人一品しか出せないので、名前を貸してあげるつもりであった。
毎年菊花展を見に出かけると、お褒めの言葉をいただきばつの悪い思いをしていた。
堂々とできないことはやらないに越したことはない。
ただし、名前を貸したのは嫌がるasanagiを無視して、菊の会の会長さんに頼まれてしたことである。
菊を育てるのは1ねんがかりであり、最近の若い人は面倒なことは嫌う。
年々出品者が減って展覧会が年々細っていることの苦肉の策だろうと思う

c0043055_14403507.jpg
c0043055_14404481.jpg
c0043055_14405450.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-11-05 14:57 | | Comments(0)

イバンカさんがやって来た



c0043055_11041910.jpg



秋晴れにたわわに熟した柿は良く似合う。
そんな文化の日、アメリカからイバンカさんがやって来た。
元モデルをしていたという彼女は180センチの長身。美貌と育ちの良さを兼ねて何とも言えない美しさであった。

彼女は女性起業家のシンポジュウムに出席するためにいらっしゃったらしい。
今朝の新聞では日本もこれに57億円を拠出するという。
このことについては何もわからないが、わからないままこんなことを考えてみた。

日本の女性は先進国では地位も低いが、今どんなことに苦しんでいるだろうか。
働きたいが働けば子どもが産めない。
子どもを産めば保育所がない。保母さんがない。子供を預けられないのでやはり働けない。
教育にお金がかかる。
起業どころではないのである。

昨日、子育て支援のために足りない3000億円を企業におねだりした政策はどこで決まったのか、自民党議員から苦情が出ていた。
57億円もどこでどのようにして決まるのか。
上から目線の議論なしの政策に国民はなぜ疑問を持たないのか。
特に若いこれからの人達は自分の事としてこの現実に向きあってほしいものである。

イバンカさん、日本には金持ちは1パーセント。
多くの貧しい人達が住んでいることも見て帰ってほしい。
と思うのであった。

c0043055_11031382.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-11-04 11:44 | 最近の話題 | Comments(0)

神からの贈り物



c0043055_22130409.jpg
1日からは地方祭が始まった。
文化祭や菊花展、文化展などがあり、1年間コツコツ鍛えてきた趣味や特技の発表があったり、はたまた音楽祭などもある。
もちろん八幡様からは大名行列も出るし、子供神輿やお獅子も出てきて鉦や太鼓で賑わっている。

わが家も子供の小さい頃にはご馳走をしたり、着物に着替えてお祭り村へ連れて行ったものである。
出かけるときはきちんとしていても、帰りには帯も下駄もリボンもぐちゃぐちゃになって抱っこで帰って来たものである。

最近はご馳走無し、お出かけ無しの寂しいお祭りであるが、毎年子供神輿やお獅子が庭先までやって来てくれる。
これが有いつの楽しみである。
夫と封筒にお賽銭を入れて待っているのであるが今年は子供神輿のみでお獅子は入ってこなかった。

「寂しいね。お賽銭が余ってしまった。」ネガテイブ思考のasanagiが言うと常にポジテイブ思考の夫は言う。
「物は考え様。神様が置いていってくださったと思えばいいじゃないか。」

考えてみると、老いた二人とはいえ毎日ボランテイアに勤しんではいる。
asanagiは今姉の介護で忙しいし、夫は青少年問題で、補導やパトロール隊に余念がない。
口に出して威張ることではないが、神様からのご褒美かもしれないと思うのであった。

明日は何か買いたい。

c0043055_22361473.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-11-02 22:36 | 季節の行事 | Comments(0)

11月に期待を!



c0043055_13571722.jpg
早いもので今日で10月は終わり。
季節の変わり目ということもあって、今月は体調の悪い日が多かったようである。
asanagiはもともと気温に敏感である。
寒くても風邪をひくが暖かくても寒暖差が激しいと風邪気味になる。
今月は今日を入れて、これで6回目の風邪ひきとなった。
寒いと思ったらもういけない。3回くしゃみが出たかと思うと、たちまち鼻水が流れ出し、栓でもしていないと止まらなくなる。
熱は出ないので、寝る前にパブロンを飲んでおくと朝には治っている。

ぎっくり腰も2回なってしまった。
大した仕事はしないのであるが、洗い物をして、腰を曲げただけでギクッと来る。
アイタタ、アイタタと言っているうちに1週間もすれば元通りになるのでかるいぎっくり腰ではある。

悪いものを食べたり、食べすぎた記憶がないまま下痢もした。

親指の爪が腫れ、これもアイタタ、アイタタと言っているうちに膿が出て治ったようである。

体調が悪いと季節も感じないし、お出かけも気が進まない。
2回の台風で、秋晴れも少なく雨模様の日が続いたようである。
どちらかといえば暗い月であった。

明日からは11月。
今日から我が家はストーブが入る。
11月はいい月にしたいものである。

c0043055_14192416.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-31 14:20 | 季節の行事 | Comments(0)

死ぬまで美しくありたい!



c0043055_12035641.jpg
今朝の黄菊。日ごとの成長が楽しみである。

さて、今朝は通信販売の白髪染め、カラートリートメントが届く。
いつの間にか夫が注文していたらしい。
夫は若白髪があり、40代の頃より毛染めをしていた。
asanagiも40代だからだから、始めたのはほぼ同じころである。

しかし、asanagiは一日も早く白髪染めは止めたいし、夫にももう白髪染めは止めてほしいと思っている。

理由の其の1
夫は毛がふさふさしている上に質も良く硬い。
きっと毛染めをしなければ、元防衛大臣の中谷議員のように真っ白で、ふさふさしたきれいな白髪が生えているだろうと思う。

理由の其の2
毛染めをすると、毛が細くなり、こしも無くなる。
それに、だんだん抜けてくる。

前から見ると、バーコードのように少なくなった髪ではあるが、毛染めをし、くしでといて整えると、まあ見れる。
しかし後ろから見ると、細くなった毛が黒人のようにちじれ若い頃のつややかでふさふさした面影はなくなっている。

もちろん上から見ると、更にショック、ほとんど剥げてしまった状態である。

今朝は恐る恐る言ってみた。「毛染めは毛に負担がかかるので、もう止めた方がいいのでは・・・・・・」
夫は言う「毛染めをして、死ぬまで美しくありたい。」だそうである。

笑うに笑えないジョークであった。

昨日の黄菊


c0043055_14522669.jpg



[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-20 14:53 | 家族 | Comments(0)



c0043055_16281766.jpg
ピンクの菊も開きはじめた。
満開の菊もいいけれど、蕾から湧き出てくる花弁のひとひらひとひらも可愛い。

さて、先日のプロ野球。
大雨の中の阪神とDeNA の戦い。プロ野球フアンとしては惨たらしくて見ていられなかった。
日本の超一流の選手たちが池の中で野球をしているようであった。
これでは実力は出せない。
一年間この日を目指して戦って来た選手たち、これではあまりにも悔やまれることだろう。

監督は怪我がなかったのがせめてもの幸せと言っていたが、その気持ちが痛いようにわかる。
出来れば来年はルールを変えて欲しいものである。
そして今日は広島が戦う。どうか雨が降りませんように。

そんな中、今日もいただき物。
今が最盛期の栗をいただく。
山に囲まれた盆地に住んでいるけれど、今年はじめての栗である。
早速栗ご飯を炊くことにした。

c0043055_16282811.jpg


[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-18 16:46 | 料理 | Comments(0)

今年も開花!



c0043055_15305404.jpg
この所だらだらと秋雨がつづく。なんだかうっとうしい。

そんな中文化祭用に育てている菊が開花し始めていた。
今年は天気が悪い上に我が家は日当たりも悪い。
その上、昨年から夫は大事な役をたくさん引き受け、大忙しである。
もう文化祭出品は止めた方がいいのではないかとasanagiは内心心配をしていた。

しかし、そこは我が夫、始めたらどんな困難にも屈せず続けることを止めようとしない。
今年もなんとか開花までこぎつける事が出来た。
昨年より開花は遅れたが、花はどうだろうか。
何はともあれ、続けて出品することが大切だとは思う。

今日はもう一つ嬉しいことがあった。
思いがけなく息子からお菓子が届いたのである。
こちらも野菜や果物など、asanagiの贈り物に対するお礼だそうである。
甘党のasanagiを思って、思いっきり甘い亰の和菓子。
明日からのコーヒータイムが楽しみである。

ありがとうね。


c0043055_15310714.jpg



[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-17 15:45 | | Comments(0)

秋の夜長は電話で。


c0043055_14570124.jpg
何だろうこの花。やけに清楚さが目立つ。

昨日はほぼ一日中選挙のニュースを読んだり聞いたりしていた。
今回は序盤から自民党300議席を超える圧勝と新聞各紙が報じ、テレビもそれに乗って炎上。
自民一強に歯止めをかけ真っ当な政治を望んでいたのにがっくりきてしまった。
心に重たいものが入り込んだようで、力も抜けてしまった。
選挙に行かない人たちはこんな気持ちになってしまうのだろう。

しかし、よく考えてみると、都知事選でも、都議選でも今回の衆議院選挙でも風はマスコミが作っているようである。
それも視聴率が取れそうであれば、各局揃い組でそこへ眼を向けて連日報じてしまう。

これでいいんだろうか。

そんな中、我が家には電話が続々届いた。
娘、孫二人、息子と4人からの嬉しい電話である。

娘には秋の味覚、柿やミカン、サツマイモやさといも、それに秋野菜や夫の作ったジャガイモやカボチャを送ったからである。
甘党の長男孫には元祖愛媛の六時家のタルト、二男孫にはみかんゼリー、それに少々お小遣いも入れておいた。
長男孫はお小遣い、二男孫はみかんゼリーが一番のようである。
何はともあれ喜んでくれればそれでバーバは幸せである。

政治学者である長男とは久しぶりに政局を話した。
インターネットで、政治について論説を積み重ねている息子の解説を早く聞きたいと思っていたので、参考になった。
時間を忘れて、親子の会話を楽しんだ秋の夜長であった。

c0043055_14562248.jpg








[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-16 11:41 | 家族 | Comments(0)

ヒバリの赤ちゃん



c0043055_16521653.jpg
富士山に住むひばりの親子だそうである。
強風の中、子を守る親の姿に感動!テレビを見ながら撮った写真である。

ヒバリというとasanagiには美空さんの歌よりもこの歌。
ヒバリの赤ちゃん今日もまた
かあさんヒバリに抱っこして
お歌のおけいこピーチくぴー
ピーチくお歌は難しく
おつむを振り振りピーチくぴー

この歌はasanagiが小学校の入学前の顔見世会で踊り付で歌った歌である。
ヒバリというと、この歌が出てきて、同時にタイムスリップして大勢の前で歌って踊っているasanagiの場面が出てきてしまう。

試験官の先生が、「どんな歌を知っていますか」と尋ねるので、
「たくさん知っていますが、ヒバリは踊り付で知っている」といったところ、踊る羽目になったのである。
試験場で、大勢の皆さんが見ている場で、歌いながら踊り喝采を受けた瞬間であった。
懐かしい思い出である。

さて、昨日は13日の金曜日、外国では縁起の悪い日というので、またかなと内心は思っていた。
2週続けて金曜日になると腰痛が起きていたからである。

腰痛になると、痛いのは勿論であるが、衣服の着脱がとても苦しくなる。
それに、立ち上がる時や起きるときなど、退位を変えるとき、とても痛い。
不便な生活を約2週間ばかり続けていたがやっと治ったのである。

本当にうれしい!

その間、夫にはいろんなことでお世話になった。感謝である。
c0043055_11315418.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-14 15:18 | 老い | Comments(0)

天使からのメッセージ?



c0043055_16533239.jpg
ありふれたお花だけれど、最近あまり見かけなくなった百日草。懐かしいお花である。

さて今日は買い物の日。
珍しくお買い物の金額にぞろ目が出たのである。それも4444円。

珍しいことなので、「何かいいことがあるかもしれない。」と、密かに期待。

帰って調べてみると、ぞろ目は天使からのメッセージ。
特に、4のぞろ目はあなたのまわりにはたくさんの天使がいて、愛と助力に囲まれています・・・らしい。

やはりいいことが何かあるのかもしれない・・・・・期待して待っていると、
なんと午後からお菓子をいただいたり、果物をいただいたり、ふだんあまりないことが続々と起きた。

やはりメッセージがあったのかもしれない。
それを聞きつけてみなさんがうごいたのかも・・・・なんだか夢のような一日であった。
長く生きていると、いろんな日があるもんである。

c0043055_16512070.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-10 17:06 | 最近の話題 | Comments(2)