いい夫婦の日

c0043055_14552671.jpg
今日はいい夫婦の日だそうである。

我が家は今年で結婚49年である。
この間にはいろんなことがありすぎて、とても一言では語りつくせない。

短気で、負けず嫌いな夫と、これまた短気で負けず嫌いのasanagi。
何かと教育したがる夫と、ほったらかしが好きなasanagi。
子育てについてはよく揉めていたようである。
特に長男の場合、育児の主導権争いをしていたようであった。
そんな時、子供たちはといえば、2Fで小さくなって泣いていたこともあったそうな。
今思えばろくでもない夫婦である。

しかし、揉めても長続きしないのがasanagi夫婦。
すぐ忘れてしまって何事もなかったかのように暮らしているのである。
単純といえば単純であるが、このパターンがよかったのかもしれない。

夫は時々息子に忍耐が大切であることを助言しているようである。
asanagiは娘には何も助言したことはないが、しっかりと背中を見て生きていることと思う。
反面教師の方が多いかもしれないが・・・・・

今更、いい夫婦にはなれないが、せめて、できるだけ健康で、末永く穏やかに暮らしたいものである。
来年は金婚式、何かの形で、よく耐えてくれた夫に感謝できればと思っている。


[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-22 14:56

いい人生だったとは?

c0043055_16314166.jpg
澄み切った青空、白壁のお城、これに緑があれば最高!
と思いながら一人お城へと急いだ。

今日も観光客は少ない。
途中ご老人の三人組に出会う。
話し込んでいてasanagiには気づかないようであった。
c0043055_16343753.jpg
市の中心にあるお城からは全体が見渡せる。
東を見て、南を見て、西を見て、北を見る。

すり鉢の底のようなこの地で半世紀を過ごしてしまった。
結婚したら出ようと思ったが、できなかった。
子どもと一緒に出ようと思ったが出れなかった。
いろんな思いはあるが、最後に眠る地はここしかないと今は思う。

ボーと眺めていると、ある音楽の先生の言葉が思い出された。
「退職後はいろんなところへ行けて、最後は娘夫婦と一緒に暮らせて、人生に悔いなし。いい人生だった。」
と言っていた。

いったいいい人生だったとはどんな人生を言うのだろうか。
物に恵まれることだろうか。
人に恵まれることだろうか。
健康でいられることだろうか。
いろんなことを学べたことだろうか。
いろんなところへ行けたことだろうか。

asanagiは75年で、何を得て、何が得られなかったか。
いろいろ考えてみた。

しかし、いろんなことに挑戦し、いろんなものを得たが、残ったものは現在本当に孤独であるという事実だけである。
人はこの状態で、いい人生だったといえるだろうか。
c0043055_16354551.jpg



[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-21 16:36 | お城山

ウオーキング生活も楽しそう!

暗い話ばかりしている昨今ではあるが、久しぶりにポジテイブな話が聞けた。

最近、高齢者による車の事故が多い、
若者が犠牲になると、何とかならなかったのだろうか地団太を踏みたくなる。

そんな折、asanagiにも免許の更新が来た。
もちろん高齢者講習が含まれている。
来年には後期高齢者だから、止めようか、どうか迷っている。

止めるのは簡単だけれど、随分不便になる。
不便というほど乗っていないじゃないか、といわれればもうそれほど車は必要とはしていないようでもある。
バックもろくにできないし、狭い道の離合もおぼつかない。
運転は随分下手だといえば下手である。
しかし、いろんな思いがあって簡単には止めると決断しにくい。

ところが、世の中にはいろんな賢明な人がいるもんである。
60歳で、ウオーキング生活に入るからといって車を止めたらしい。

週3回の病院通いはタクシーでお出かけ。
その後、病院から歩いて高島屋ヘGO-
いろいろ買い物をして帰りはバス。
車だと目的地へ行ったらそのまま帰っていたのに、最近は寄り道をしてショッピングを楽しんでいるらしい。

ウオーキング用にリュックサックや、カートなど買い距離に合わせて使っているらしい。
何よりも有酸素運動が出来て気持ちがいいし筋肉も少し鍛えられるかもしれないと言っていた。

それもいいかもしれない。
今日は少し止める方に偏っていた。
c0043055_09040675.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-20 09:11

何が幸せか、終わってみないと分からない!

c0043055_14135119.jpg
久し振りに友と1時間ほど電話でしゃべってしまった。
この友、最後は最近結婚に失敗した娘の事が話題になる。
今、最大の悩みのようである。

最近は結婚年齢も上がっており、30代だからと言って遅れたなんて思わない。
新婚さんいらっしゃいを見ていると、40代、50代、60代だっていらっしゃる。
しかも初婚に限らず、バツイチバツニも平気である。
一昔前のように結婚初夜なんて守っている人は何組いるだろうか。

離婚も多いし、独身も多い。
一生結婚しないと決めている人もいる時代である。
一昔前なら、女性は結婚しないと生きていられなかった。
仕事が無いからである。
それだけ女性に生活力が出来たのかなあとうれしくもある。

asanagiは全く心配はいらないと思う。

一つ思うとすれば、結婚生活が成功するか離婚に走るかは、受け入れ側にも責任があると思う。
始めから高いハードルを置いたり、文句を付けたりすると、途中喧嘩でもすればやっぱり・・・・と思って嫌になってしまう。

くよくよせず、前向きにいることを進め、準備としてはどんな人でも娘が選んだ人は温かく受け入れることが大切だと余計なお世話だけれど言ってしまった。

未成熟な二人には結婚はスタートライン。
親は最大限の包容力で、最大限の協力をしてあげれば、きっと幸せな家庭を作っていけると思う。

そういえば、asanagiの母は「○○さんのようないい人はこの世にはいない。」・・・夫のことを言っていた。
そのことを夫に話すと、まんざらではないようであった。
今思うと、母には先見の明があったかもしれない。






[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-19 14:18 | 家族

大バカに中バカ

思い出すと今朝も笑ってしまった。
年のせいだとは思うけれど、姉は本当によく忘れる。

先ず鍵。
最近はどこへ出かけるにも先ず鍵をかける。
姉もマンション住まいだから、どこへ行くにも鍵を持っていかなければならない。
しかし、なぜかよく探している。
置き場所を決めているというが、そこにあったためしが無い。
箱の中、お財布の中、棚の上、机の上、手当たり次第に探しているようである。
私はもう大バカになってしまった・・・・これが姉の口癖。

しかし、asanagiもよく忘れる。
一番困るのは駐車場。
何度行っても、マイカーの置き場所を忘れてしまう。
今度こそは覚えておきたいと思って目印を決めるが、買い物を終えて出てみると、見事、マイカーが見当たらない。
今朝も確かここだと思う場所に行ってみたら車が無い。
あれっと思って考えていると、向こうの方に我が車がじっとしているではないか。
そんな時、誰も見ていないけれど決まりの悪いこと。
私はもう中バカになってしまった・・・・と思ってしまう。
しかし、asanagiはまだ大バカだとは思っていない。
姉よりはまだましだと心の中では思っているからである。(実際のところそれはどうか・・・・)

そんな中バカが大バカの介護をするのだから、笑いは絶えない。
思い出すと、自然に笑いがこみあげてくるのである。
c0043055_15510278.jpg



[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-18 15:51 | 老い

老いても介護が受けられるのだろうか。

20日ぶりに姉のお見舞いに出かけた。
姉はだいぶ良くなって、一人でフラフラと歩けるようになっていた。
体中が痛くて、寝返りもできず、排便もままならぬ状態とは見違えるようである。

今回は支払いが主な用事。
先月分の医療費、洗濯代、腰の装具代、サ高住の賃貸料などである。
医療費と洗濯代はともかくとして、腰の装具代は前払い。
1割負担であるが、その手続きを自分でして後で返してもらわないといけない。
書類を見ると、何とも複雑。
書類をもらって、医者の意見書や装具代の領収書に療養費支給申請書をそえて市役所へ提出。
こんな事入院患者が出来るのだろうか・・・・と思ってしまう。

もう一つ年金の現況届も来ていた。
11月30日までに出さなければ年金はストップ。
これも入院患者はどうするんだろうか。

至れり尽くせりの介護と入院生活ですっかり元気にはなったものの、こんな手続き、老人に出来るのだろうか疑問であった。
特に一人暮らしのご老人は補助を受けたくても受けられない人がいると思う。

10時について、3時まで、いろんな用事をして帰った。
道々、asanagiの時は子供は県外、姉妹はもうこの世にいない。
どうなるんだろうと心細くなりながら帰った。
c0043055_18045685.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-17 18:05 | 老い

やはり似合うとは思えない!

通販のコートがやって来た。
予定より一日早い。
どうも似合いそうもないと思うと、箱も商品も包み紙も元のままを壊さないようにそっと開ける。

色はグレイで、モデルと変わりはない。
手触りも申し分ない。
袋からそっと出して、持ち上げてみる・・・重い!

最近はユニクロの暖かくて軽くて安いフリース系の商品ばかり身に着けているので重いものは体が受け付けない。
たたみじわがあって、アイロンでもかけないといかにも安物に見える。
しかし熱をかけたものは返品が聞かないそうである。

今度は着てみる。
一番気にしていた袖はぴたりあっている。
しかし、身ごろが何とも大きい。
袖付けが肩より5センチぐらい落ちていて、柔らかい布であれば肩に沿って流れて何とも感じがいいが、硬めの布なので肩幅が10センチ広くなったような大きさである。

夫は「それでいいんじゃない。」という。
返品が大嫌いなのである。
今回特に夫の名前で買ったので、似合ってないと分かっていても着ることを進めていた。

しかし、asanagiの心の中では
「同じ値段なら同窓会に行った方がいいんじゃない。」・・・何とも現実的でいやらしい。
「ユニクロのダウンコートの方が安くて暖かくて軽いよ。」
「夫には悪いが、似合わない物はねえ。」いろんな言葉が躍っていた。

しばらく考えたが、その日のうちに返品することにした。
もう二度と通販には手を出さないことを決心して・・・・・
夫の優しさには心の中でごめん!
c0043055_10444815.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-16 10:52 | おしゃれに生きる

それで行くの?

c0043055_14265097.jpg
今日も小池百合子でお出かけのつもりであった。

薄いベージュのインナーの上に小池百合子を着て、薄いベージュのコージュロイのパンツスタイルである。
asanagiは色彩的に薄いベージュに濁り加減の黄緑はよく似合っていると思っている。
しかし、夫は白っぽいパンツは好みでないらしい。

いつもはasanagiのファッションには関心が無く何も注文を付けることが無かったのに、
「今日はそれで行くの?」・・・・どうやら気になるらしい。
どこが気に入らないのかは理解に苦しむが、目線はラフすぎる小池百合子と白いパンツ。

夜も更けて、通販の雑誌を眺めていたところ、表紙のコートが気に入った。
もちろんモデルはasanagiには似ても似つかぬ美人で若くて、スタイル満点。
よくに合っている。
そこへasanagiの顔を重ねると、好きだけれど・・・似合うとは思えない。

おもむろに、「これ素敵、欲しいなあ。」と言ってみる。
もちろん買っていただこうなんて下心なんてない。

その時、「そのくらいのもの悩むことはない。買ってあげるよ。」
いつになく気前のいい夫であった。

考えてみると、あの、小池百合子、外出用には着てほしくないのかもしれない。




[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-13 14:27 | おしゃれに生きる

一瞬嬉しいと思うことはたくさんあるけれど・・・・・

今週もうれしかったことと、嫌なこと、どっちが多いかって聞かれると、うれしかったことの方が多かったような気がする。
しかし、嫌なことって、一つでもあると始終心から離れず、うれしかったことを消してしまうからたちが悪い。

うれしかったことって、
4週間ぶりにパン屋さんが来て、モンブラン風のパンが買えたこと。
通販のコートを見ていたら夫が注文してくれたこと。(買ってくれるんですって・・・)
お魚屋さんがやって来て、新鮮なお魚が買えたこと。
些細な事ばかりだけれど、一瞬嬉しいと思う。

生活の中ではこんなことがいっぱいあるけれど・・・・・

先日、6メートル道路の左側を、減速して車で走っていたところ、いきなり、左側の駐車場から車が後進してきて、左ドアに接触。
相手の車はライトカバーが割れただけなのに、我が家の車はドアがしゃげてしまった。
私たちは何の落ち度もないとは思うけれど、ゼロにはならないという。
保険を使うと、9対1で、1割は出さないといけないらしい。
しかし、来年の保険は3ランク下がり、約6万円も掛け金が上がるという。
このまま保険を使って5年乗ると、16万円は余分に掛け金がいるという。

何とも情けない!
日一日と、怒りは薄れるが、早く解決してほしいと思う。

サザンカが咲き始めました。
c0043055_14213641.jpg




[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-12 14:22 | 最近の話題

朝からヘロヘロ

昨夜の雨も上がり、今日は晴れそうな気配であった。
しばらく排水口の掃除をしていないせいか何だかにおいがする。
雨のせいもあるかもしれない。
今日は念入りに掃除をしようと思った。

まず、お風呂のふたの裏側。
メガネをはずしてみると、全く汚れは見えないが、メガネをかけると、継ぎ目に線を引いたようなカビがついている。
スポンジに洗剤を付け、たわしでこすり、スポンジでこすり、した。
もちろん昨夜のふろ湯が少し残っているので、その中で、腰を反折にしてこすっていった。

腰を曲げるということは重労働である。
全面を洗い終えた段階でもうヘロヘロであった。
排水口は手付かずであるが、続きはまた明日することにした。
随分スタミナもなくなってきたようである。

今日は朝からTVのどの局もアメリカ大統領の事で賑わっている。
問題だらけのわが国の政治問題のことはほとんど報道しないのに、アメリカや韓国、東京都のことは連日面白おかしく報じている。
国民を無関心にさせているうち、国民不在で、大事なことが進んでいるようで、気持ち悪い。

c0043055_1165783.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2016-11-09 11:15 | すまい