ベーシックインカム



c0043055_11323959.jpg
先日、そもそも総研を見ていたら、ベーシックインカムという聞きなれない言葉を話題にしていた。

もう10年もすれば、働き方がガラッと変わり、大方の仕事は人工頭脳がやってくれる。
人工頭脳が働いて儲けたお金は政府が集めて国民に一律に配る。
国民は失われた仕事を離れ、生きがいを求めて自分の好きなことをする。
何といい社会になるのだろうかと、夢のような社会に酔いしれていた。

しかし昨日、希望の党がこれを採用するという。
もう現実味を帯びてきた。

そうなると、食べるものに困る人はなくなるという。
社会福祉も年金だ、介護だ、医療だと心配しなくてよくなる。
無駄な公共事業も無くなる、という。

反面短所もたくさんあるらしいが、長所だけ考えて、人工頭脳の活躍する社会ってどんな社会になるのだろうか。
それを見てから宇宙を飛び立ちたいものであると夢のようなことを考るのであった。

実を付けた秋の草花が目立つようになった。
色ずいた落ち葉の前で、吾亦紅や紫式部の花が秋のもの悲しさを誘う。

c0043055_11515009.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-07 11:52 | 最近の話題 | Comments(0)

明かりがついている!



c0043055_10544770.jpg
北側のお隣さんに明かりが戻ってきた。
8月末に入院したお隣の旦那さんが退院。
ついで、施設に預けられていた奥さんも帰ってきたのである。
旦那さんは、少し体重は減ったようだが、顔色はつるつるしてお元気そう。
何はともあれ、お元気なお姿に触れる事が出来たのは明るい話題である。
しかし、お隣さん、これからも老老介護の厳しい毎日が続くことには変わりがない。

南側のお隣さんは一人暮らしであったが、6月ごろ夜中に倒れて13時間もそのままの状態。
入院はしていたが、とうとうこの10月から施設でお世話になることになったらしい。もう空き家状態である。

家にいても老老介護の厳しさ、施設に行っても共同生活やヘルパーさんにお世話になる心苦しさ等は付きまとう。
全ての人が通る道ではあるが、我が家にやって来る未来図のシュミレーションを見ているみたいで、複雑で暗いものであった。

この所連日どんよりとしていて天気もくらい。
食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、秋晴れの快晴をイメージしていた秋はどうなったのか。
心まで暗くなる日、考えることは暗いことばかりであった。

はからずも今朝、105歳でこの世を去った日野原先生のことがテレビで放映されていた。
キーピングオンゴーイング・・・・人生諦めずに進め!ということだろうか。
50代で、これからの人生、人のために尽くすと決心されて更に半世紀、人のために生きた日野原先生。
全くお傍には寄れないが、それなりに明るいものを見つけて生きなければと思うのであった。

c0043055_10524094.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-05 11:47 | 老い | Comments(0)

希望の見える社会に!



c0043055_10345994.jpg
やっと希望の党の第一次候補者の発表が行われた。
この1週間、マスコミはほとんど小池さんの動向に集中していたようである。
これで、右と左と真ん中に分けられたようであるが、そのすみわけがゴタゴタヲ生み変な風が起きているのも確かである。
しかし、世界の流れを見ると、フランスにマクロンが登場して以来、この3者のすみわけ的な動きがあるのも確かである。

日本はアベ一強になって、なんやら右寄りの怪しいムードも広がり始めたし、日本会議とか右翼的な動きも見えてきた。
森友問題も籠池氏を超悪者に仕立て上げたけれど、もとはといえば右翼的な世の中にしたい思惑が動いた証ではないか。

この選挙が今週又動くだろうが、右でもない、左でもない中道の世界の動きに乗り遅れないようにしっかりと見極めていきたいものである。
asanagiは戦前の思想に戻り国民の思想を洗脳して再び戦争の道に進むのはサラサラいやだし、現在もなお国民の言論を
統制し自由がないのもいやである。
未来永劫戦争のない平和を求める政治を願いたいものである。

c0043055_10332228.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-04 10:57 | 最近の話題 | Comments(0)

asanagi44歳



c0043055_14401600.jpg
しばらくぶりに魚屋さんがやって来た。
週2回(火、金)今朝、とれだての新鮮なお魚を頭もはらわたもきれいにさばいて売りに来てくださる。
今日はカマス。3匹500円である。
今夜は塩焼きにしたい。

そんな中、昨日は娘の誕生日であった。早いもので44歳になった。
例年は生まれた日を思い出すのであるが、今年はちょっと違った。
娘と同じ年のasanagiを思い出していたのである。

この年、asanagiは退職を迫られていた。
夫と同職であったため、夫が管理職になるには妻が職を止めねばならないという掟があった。
当時、息子は大学生、娘は中学生。
家庭では、やっと子どもに手がかからなくなって、仕事に専念できる。
職場ではやっと人の心が読めるようになり、仕事が面白くなる。
そんな時期だったと思う。
もちろんこれから我が子の教育が始まるので、資金もいる。
asanagiは朝も夜も昼も悩みに悩んでいたと思う。
止めたくない9割、止めてあげなければならない1割ぐらいだったか・・・・

結局、管理職になりたい夫には勝てず、次の年45歳という若さで職を賭すことになった。
その次の年、女性雇用機会均等法ができ、女性の退職は少しづつ改善されていったが、すべては後の祭り。
asanagi44歳は我が人生の最大の岐路だったように思う。

あれから30年、いろんなことがあったなあとしみじみ思う娘の誕生日であった。

c0043055_14193301.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-03 15:15 | 家族 | Comments(0)

風邪第一号



c0043055_16231072.jpg
いきなり22度。寒い!
靴下を冬用にしても、インナーを冬用の長そでにしても、どうにも鼻水は止まらない。
ついにフリースのベストを出してきてやっと止まった。
とにかく一気に冬がやって来たようであった。

しかし、夫は汗をかいて外から帰ってきた。
ホットなコーヒーのasanagiに対して、今日もアイスコーヒーである。

そんな中昨日は華やかに愛媛国体が始まる。
新聞も一面全て国体の記事であった。
我が市も軟式テニス、ソフトボール、カヤックなど受け持っているそうである。
何とか10日間お天気に恵まれ、選手が力いっぱい実力を発揮できるよう願いたいものである。
そして、自然に恵まれた愛媛の良さも体得して帰ってもらいたいとひそかに願っている。

さて、我が家のテレビ、朝から国体より解散風が面白い。
小池さんが出てきて、民進党が解体。
中途半端なので、それぞれがそれぞれにコメントして、何だか雲行きががおかしくなっているのが心配である。
とにかく今度は政治の私物化だけは止めてほしいものである。
弱きものに優しい暖かい政治を取り戻してほしいものである。


c0043055_16272071.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-10-01 16:49 | 老い | Comments(0)

バーバの超能力!



c0043055_14035050.jpg
今日で9月はおしまい。
すっかり涼しくなり、そこらあたりにススキの姿がよくみられるようになった。

そんな朝、突然孫からの電話。
大喜びで出てみると、涙声であった。よく聞いてみると、
「夏休みにおばあちゃんに買ってもらったゲームが行方不明。」だそうである。
急いでお金を送ろうかというと、それには及ばない。「それはいい」という。

おばあちゃん、とびっきりの優しい声で、
「もう一度勉強机の上を、丁寧に探してごらん。きっとあると思うよ。」助言。
孫はいきなり元気になって、電話を投げ出しかけていったようであった。

しばらくして再び電話。
ゲームが出てきたらしい。しかも机の上から・・・・
「おばあちゃんの言った通りの場所から出てきた。」ということであった。

娘も「おかあさん、超能力!」と感激していたようであった。

この歳になると、ほとんど昔あった能力もどこかへ行ったみたいだし、ましてや超能力なんて・・・と思うが、
しいて言えば、とびっきりの優しい声が、孫を探す気にさせたのかもしれない。
超能力ってそんなものかもしれない・・・・・と思うのであった。

バーバも久しぶりに役に立って、まんざらでもない好い気持ち!


c0043055_14030125.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-09-30 14:24 | 家族 | Comments(0)

人生100歳時代!



c0043055_15465470.jpg
18号台風、敬老の日、カープ優勝、そして今日はもう彼岸の入り。
慌ただしく過ぎていく中で、またまた茄子やピーマンが鈴なりであった。
「これどうする?」というから、「食べるしかない。」とはいったものの・・・もう既に飽きてしまっている。

そんな中、テレビは解散風の事ばかり。
毎年、敬老の日にちなんで、この時期、日本の素晴らしいお年寄りの話題で賑わう。
しかし、1面トップは解散のこと。お年寄りのことは数字ばかりで、しかも一面の下の方に少し出ていただけであった。

驚くことは90歳以上のお年寄りが200万人も。
働く高齢者は770万人、1年で38万人も増えているということであった。
人生100歳時代が目の前に迫っていて、後5年ぐらいかと思っていたが、これだとまだ25年はあるということである。
それこそ、生き方、考え方を変えないといけない・・・・と強く思う敬老の日であった。

さて、予定通りカープが優勝。
新聞を読んでいると、やはり、継続は力なり。
どんな日でも変わらず特打ちを続ける打撃コーチ。
「心技体」を重視する監督は選手の顔色で心を読み解くらしい。
やはり頂点を極める人たちにはそれなりに日々の努力があったようである。
素晴らしいの一言に尽きる。

おめでとうカープ!


c0043055_15472518.jpg




[PR]

# by asanagi62 | 2017-09-20 16:21 | 老い | Comments(4)

黒マスも探す漢字ナンクロ。



c0043055_15451356.jpg
落ち着かない日であった。
台風18号が我が家の方へ向かっている。
カープの大一番の日に雨が降っている。

しかし、嵐の前の静けさと言おうか、雨は音も無く降り続いている。
PCを開けてみると、カープは静かに試合開始。
しかし広島は熱いかもしれない。

午前中は、我が家では高級なコーヒー豆を挽き、夫とおはぎでいただく。
午後は紅茶をいただく。
そして、何にも生き方が変わっていないとわが身を嘆きながら、漢字ナンクロをしていた。

その時である。

諦めかけていた黒マスも探す漢字ナンクロが解けた!
100問中、98問は解けていたのにどうしても黒マス探しのナンクロには手こずっていた。
昨日も一昨日もその前も挑戦していたが、なかなか文字がひらめいてこなかったのに・・・・

まだまだ捨てたもんではない。
モヤモヤが取れてうれしい日となった。

c0043055_15462611.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-09-16 16:07 | 老い | Comments(0)

最後の冷麺



c0043055_15304937.jpg
これから朝食の準備に取り掛かろうか、と思っていた矢先のことである。

どの局も一斉に北朝鮮のミサイル発射の放送に切り代わる。
西日本はさておき、東日本は一斉にjアラームが鳴り、警戒警報・・・家の中に入るか、地下へもぐるかしなさいという。

戦中は警戒警報が発令されると、防空頭巾をかぶり、防空壕へ逃げた話は両親からよく聞かされた。
赤ちゃんだったasanagiは行李の中へ寝かせ、防空壕へ連れて行ってもらったらしい。
随分と大慌てした話は戦後笑い話の中によく出た話である。
そのことを彷彿とさせたような出来事であった。
東日本の方々、特に北海道の方々、二度目のミサイルにどう反応されたのだろうか。

開戦を宣言したわけではないので、こんなにお騒がせしなくても・・・・と思うが、軽く考えすぎだろうか。

そんな中、すっかり気温が下がり秋らしくなった我が家の昼食。
最後の冷麺にすることにした。
いただき物であるが、今日を逃がせば、冷麺は寒すぎるような。
卵、ハム、野菜、に加えて昨夜のひじきの煮物も載せてみた。
ジャコテンを入れ甘く煮たひじきも冷麺に合う。

しかし最後はホットなお茶で閉めることとなった。

c0043055_15253573.jpg

[PR]

# by asanagi62 | 2017-09-15 15:57 | 料理 | Comments(0)

パンダの赤ちゃん



c0043055_15481083.jpg
もう一度生まれ変われるとしたら何がしたいかと問われたら
「自分の手で子育てをしてみたい」という。

asanagiは仕事を持っていたので、子育ては叔母や母に任せきりであった。
いつ寝返りをしたか、初めて歩いた時はどんな状態だったか、離乳食はどうだったか覚えていることは少ない。
1日の大半は外で働き、子供と接する時間は一日の5分の一ぐらいであったからだ。

テレビにパンダの赤ちゃんが表れる度、手のひらぐらいの赤ちゃんをぺろぺろ舐めているお母さんパンダの姿を思い出す。
そして、子育ては母親が舐めるような愛情で育てなければならないとつくづく思う。
人間は生まれたときから安定した環境で、安心して育てられることが、その後の人生にとってとても大切だと思うからである。

今お母さん方は子供を預けて働いている。
預けられた子供たちの心はどの様に育っていくのだろうか。
果たして、生まれてすぐ他人に育てられた子供たちは成人になってからどのような世の中を創っていくのだろうか。
人工頭脳のお世話になるので、人間の心はいらないのか。

専業主婦はそれなりに世の中の大事な一面を担っていたとおもうが・・・・老婆心であろうか。

この愛くるしいパンダ親子から学ぶものは多いと思う。


c0043055_15485064.jpg






[PR]

# by asanagi62 | 2017-09-14 16:31 | 教育 | Comments(0)