朝ドラのこと

この暑さの中、マリーゴールドが元気よく咲いていました。
c0043055_14321475.jpg

そして今日は朝ドラのこと。

初めの頃はハチャメチャで、いきなり、ブラジルのサンバがでたり、朝からなにやってんの~と思いながら、それでも辛抱強く見ていた。
が、ここに来て、人間の深層心理に迫るいいドラマになって来た。
最近は年のせいか、若い俳優さんの声が内に篭って聞き取り難い。
そのためもあって、テレビにかじりついて、台詞の一言一句に集中し、涙を流しながら見る事が多い。

過去の暗いものは誰でも一つは持っているし、まじめ一筋に甘玉を丸めてきた武ちゃん、もう償いはすんでいると思うよ。
特に、戦前、戦中、戦後の貧しい時代を体験した人なら、ほとんどが暗い過去を持っていてもおかしくない。
また過去の暗い時代に逆戻りしないように誰もが必至に働いた。
働いて働いて豊かな今があるのだと思う。

人生は元を取るようになっているとは・・・いい台詞だよ。

asanagiも同じだよ~暗い思いではその後の生きる力になっていると思う。
そして、少し安心したりもしている。

朝ドラ・・・今回もいい味のドラマである。
[PR]
Commented by bxybx at 2009-08-20 21:18
こんばんは~朝ドラですが、私もみてますよ。
初めはラジオほてとの社長が何気なく言ってる言葉が、う~んなるほど!と思って見るようになっていました。1週間おきに解決していくのもおもしろい。あと川越に一昨年行って来たしね。
もう収録終わったそうですね・・・
Commented by asanagi62 at 2009-08-21 12:36
bxybxさんこんにちは~
朝ドラ終わってみるとどれも味があって、時代の要求をうまく取り入れており、いいドラマだったと毎回思います。
今回もうなづくものがありますよ。
川越は行った事無いですが、案外古風な町なんですね。
明日は武ちゃんがまた帰ってくるし、楽しみです。
by asanagi62 | 2009-08-20 14:11 | 最近の話題 | Comments(2)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62