至福の時って案外多いものである。

今年は寒暖の差がひどくてビオラたちも少し弱ってきました。
c0043055_22315155.jpg

そして今日はこの言葉から

このところ寒暖の差が激しく、冬と錯覚してしまうような日もある。
そんな日の風呂は温かい湯が身にしみて気持ちいい。
まさに「至福の時だな」と思う。

至福とはこの上ない幸せ・・・とあるがお風呂をこの上ないと思うか思わないかは本人の勝ってではある。

asanagiはお風呂の中で考えていた。

そういえば、食後、後片付けもせず、そのままナンプレに熱中しているとき。
食べながら朝ドラを見ている時。
嫌な風呂洗いをすませ、コーヒーを飲んでいるとき。
遠くはなれた子供から思いがけなく電話があって、長話をしているとき。
庭に出て、思いのほか暖かくなっているので、周りの草花をみわたしているとき・・・

考えてみると意外と沢山あるものである。
どれも、何の邪魔も入らず、いい気持ちで過ごしているときである。

これをasanagiの至福の時と思えば、
一日の内では10以上の至福の時があって、
一週間では70以上の至福の時があって、
一ヶ月では300ぐらいの至福の時があって、
一年では3000ぐらいは至福の時があって、
最終章を10年とするとこれから約3万回以上もの至福の時を経験することになる。

なんていい思いを、沢山経験できることだろうか。
asanagiは幸せの絶頂にいるような錯角を感じていた・・・

いつもなら15分の風呂が、45分の長風呂になっていたようである。
[PR]
Commented by mypaseri at 2010-04-17 18:19
こんにちは^^おめでとうございます。
元気な赤ちゃんが誕生されたんですね。お帰りなさい。
実の娘の出産のお手伝いはどうでしたか。
昨年の夏の終わりに長男のところにお手伝いに行ってましたが
上に二人元気な男の子がいるので大変でしたw
でも お嫁さんとより深く心が通うようになったと思い
よかったなぁって思いました。
実の娘のお手伝いならもっと楽しかっただろうなぁ。。。
Commented by asanagi62 at 2010-04-17 19:51
mypaseriさんお久し振りです。
ありがとうございます。
2ヶ月ぶりにやっと帰ってきました。
疲れて、疲れて家へ帰っても最近までお疲れ気味でした。
でも、目の中に入れても痛くない孫達や娘との生活はいいものでした。
遠くへお嫁にやったことを後悔しましたね。

paseriさんいいお姑さんなんですね。
昨年の夏だとすると、もうハイハイをしている頃ですか?
かわいくなっているでしょうね。



by asanagi62 | 2010-04-15 22:31 | おしゃれに生きる | Comments(2)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62