幸せのおすそ分け

今朝はクリーニング屋さんの集金日。
この家に来てからのお付き合いなので、40年以上にもなるだろうか。

最近は洗剤、洗濯機、布などいろいろと進歩して自宅で洗濯ができるものが多くなった。
夫の退職後は通勤着の背広のクリーニングもほとんど必要ではなくなっている。
クリーニングに出すものは年々減少。
それでも毎週のように来てくださるありがたい存在である。

今日はダウンコートと、ズボンで、1300円。

ふと思いついて、クリーニング代と一緒に先日、愛媛新聞の応募に当たった吉野餅をおすそ分けすることにした。
「このお餅は小さいが応募に当たった縁起のいいお餅なので、おすそわけ。」というと、
「いやあ~うれしい、これをいただいて、午後から宝くじを買ってくる~」
ルンルンで話が弾んだ。

一瞬だったけれど、幸せのおすそ分けをしたような、暖かい気持ちであった。
c0043055_10394092.jpg

[PR]
by asanagi62 | 2016-04-24 10:47 | おしゃれに生きる | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62