戦後を生きて(8)退職

38年務めて、晴れて退職したNさんからオレンジジュースが送られてきた。
先日退職祝いをしていたが、それのお返しらしい。

彼は夫の後輩で、彼が新任の時、一緒に努めた仲間でもある。
一緒の学年を担任したので、先輩として何かと親切をしていたのだろうか、同じ職場を去っても、毎年夏と冬には何かと気を使ってくれていた。

あの日があったので今日がある・・・・・彼から何度聞いたことだろうか。
今ごろは心静かに整理をしたり、農作業をしたりのどかに過ごしていることだろう。
c0043055_144108.jpg

退職は人生の一つの節目、悲しみや喜びなどいろんなドラマがある。

asanagiの退職は悲しみと不安と口惜しさと、申し訳なさとで何とも言えない暗いものであった。

23年務めて、45歳という若さで退職を迎えることとなった。
母への恩を考えると、何としても38年間の定年退職まで勤めたかったし、子供たちのことを考えると、せめて下の娘が大学を卒業するまでは勤めたかった。

しかし、当時は夫が管理職として出世するには共稼ぎ、特に同職は許されなかった。
一方が退職しない限り、管理職候補には推薦されなかった。
毎夜のように話し合っても擦れ違いばかり、夫の理解は得られなかった。
悔しさで何度も泣き明かしたが、母が、「止めてあげなさい」といってくれたこと。
夫が、「止めてくれなければ、家庭がうまくいかなくなるかもしれない。」といったことで、asanagiの気持ちが固まった。

しかし、退職の日は涙が止まらなかった。
女であるが故に職場を追放された悔しさがこみ上げてきた。
当時大学生と中学3年生の子供たち、これから教育費がかさむという不安もあった。
昭和63年3月31日、昭和もasanagiの退職とともに終わりを告げた。

辛く、悲しい退職のドラマであった。

夫の退職はこれと対照的。
38年間、定年退職まで、この道一筋で勤め上げた退職である
同僚、子供たち,父兄の皆様に慕われ、お祝いされ、達成感いっぱいで充実した退職であった。
最後の3月31日、午後23時59分には真夜中にもかかわらず、最後に努めた学校に行き、校門に、お浄めの水をかけて終わった。
その時、asanagiと娘も同席したが、どこからともなく、父兄や同僚、子供たちがやって来て、最後は校門の前で、胴上げ、感動的に終わる事が出来た。
2000年3月31日、20世紀も夫の退職とともに終わりを告げた。

賑やかで、みんなに祝福された退職のドラマであった。
c0043055_14161536.jpg

asanagiが退職した頃、やっと日本にも女性雇用機会均等法が制定され、女性の総合職が生まれることとなった。
その後、教育界でも教頭までは共働きが許されるようになり、最近は夫が校長でも共働きは一部許されている。

しかし、まだまだ女性の働き方は問題が多い。
最近は保育所の問題が世間を騒がしている。
相変わらず、女性の低賃金、重労働問題も解決できていない。

これからは女性が泣き寝入りせず、一つ一つ権利を勝ち取っていかなければならない。
そのためには女だからと言って、いい加減にせず、やるべきことはきちんとすること。
女性が本当に勝ち取るべきことは何か、自分で判断できる女性に育ってほしい。
女性が男性と同等に活躍できる新しい世の中がどんどん広がってくることを願っている。

c0043055_1445813.jpg

[PR]
by asanagi62 | 2016-04-29 14:11 | 戦後を生きて | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62