幸せのかたち

日課のように娘のブログを読んでいるが、久しぶりに家族のことが書いてあった。
昨日はサッカー大会であったらしい。

お父さんがお兄ちゃんの応援に行き、お母さんが二男坊の応援に行ったらしい。
負けん気の強い次男坊はこの日、ハットトリックを。
3回もゴールしてさぞご満悦だったことだろう。
お昼には手作りの大きなお弁当の前で、変顔。
きっと好きなものがいっぱい入っていたのであろう。

幸せ家族ってこんな情景を言うのではないだろうか。
うれしかった。
c0043055_11263763.jpg

娘はこんな家族の体験を重視していて、写真に撮りスクラップブックを作っている。
もうずいぶんと積み上げており、家族の大切な財産となっているようである。
また、これを通して家族の絆や信頼作りにも努めているようである。

お蔭で子どもたちは素直に明るくすくすくと育っているようである。

幸せって・・・・・今日は少し考えてしまった。

必ずしも物が豊かで、便利で、美味しいものが食べれて、好きなものが買えて・・・・
そんな中だけに潜んでいるのではない。

当たり前の生活の中に暖かいものがあって、みんなが満足できて、達成感があり、認められる中にあるのではないだろうか。

日本は今、6人に一人の子供が貧しいらしい。
毎日が暖かい空気の中で育つ子供と、貧しく暗い冷たい空気の中で育つ子供との間には成人したとき随分と人として違ったものが出来上がっていることだろう。

c0043055_112708.jpg

[PR]
by asanagi62 | 2016-07-04 11:39 | 家族 | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62