娘の誕生日

今日は娘が43歳になる日、朝から晴れやかな日であった。
早々にメールでお祝いを送る。

あの日も今日のようによく晴れた日であった。
待望の女の子に恵まれ、幸せ感に浸っていたような気がする。

しかし、asanagiの43歳は激動の日々であった。
息子は大学生でこれから出費がかさむ。
娘は中学生で、高校受験やその後の進学が控えている。
夫はそろそろ管理職登用試験が来る年。
それぞれが進路を選び社会に出る大切な年だったようである。

そんな中、asanagiは仕事を止めなければならない女性の地位の低さに悩んでいた。
共働きでは夫に管理職の道はないという暗黙の決まり事が肩にずしりと追いかぶさっていたからである。。
教師としてのキャリアも20年を超え、充実した教員生活を送って居た頃でもあった。
家族のことを考えると、止めたくない、止めないといけない、そのはざまで悩みに悩み夫とも何度もぶつかっていたころであった。

人生には何度か重大な決心をしなければならない事がある。
その選択が始まるのは子供が小学校に入り、自立した頃からだろうか。
教育の問題をはじめとして、進路の問題、子供の結婚、住居の建築、お墓の問題・・・・・
つぎつぎと止むことはない。

幼少期の子育てが一段落して、第二段落に入った娘にはどんな難題にぶつかってもくじけないで、前に向って突き進んでほしいものである。
c0043055_1231718.jpg

by asanagi62 | 2016-10-02 12:03 | 家族 | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62