人気ブログランキング |

はなびら

asanagi.exblog.jp
ブログトップ

明かりがついている!



c0043055_10544770.jpg
北側のお隣さんに明かりが戻ってきた。
8月末に入院したお隣の旦那さんが退院。
ついで、施設に預けられていた奥さんも帰ってきたのである。
旦那さんは、少し体重は減ったようだが、顔色はつるつるしてお元気そう。
何はともあれ、お元気なお姿に触れる事が出来たのは明るい話題である。
しかし、お隣さん、これからも老老介護の厳しい毎日が続くことには変わりがない。

南側のお隣さんは一人暮らしであったが、6月ごろ夜中に倒れて13時間もそのままの状態。
入院はしていたが、とうとうこの10月から施設でお世話になることになったらしい。もう空き家状態である。

家にいても老老介護の厳しさ、施設に行っても共同生活やヘルパーさんにお世話になる心苦しさ等は付きまとう。
全ての人が通る道ではあるが、我が家にやって来る未来図のシュミレーションを見ているみたいで、複雑で暗いものであった。

この所連日どんよりとしていて天気もくらい。
食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、秋晴れの快晴をイメージしていた秋はどうなったのか。
心まで暗くなる日、考えることは暗いことばかりであった。

はからずも今朝、105歳でこの世を去った日野原先生のことがテレビで放映されていた。
キーピングオンゴーイング・・・・人生諦めずに進め!ということだろうか。
50代で、これからの人生、人のために尽くすと決心されて更に半世紀、人のために生きた日野原先生。
全くお傍には寄れないが、それなりに明るいものを見つけて生きなければと思うのであった。

c0043055_10524094.jpg

by asanagi62 | 2017-10-05 11:47 | 老い | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62