やっと退院



c0043055_16225630.jpg
約1か月かかった長い闘病だったが、やっとすべてが終わりかえる事が出来た。
その間自分の体は神に預けようと思っていたので、正確には再び人間に復帰したと言った方がいいかもしれない。

一昔前、母の時代なら入院費がタダで、約1っか月間ずっと病院だったかもしれない。
しかし、3日間で検査をし、先ずは退院。
それから10日過ぎてまた入院し、手術が終わって3日過ぎるとまた退院。
更に3回目は2週間すると入院して、術後3日で退院というものであった。
3日目は少々気分が悪くフラフラしても「大丈夫です。退院してください。」
熱があっても「大丈夫です。退院してください。」とあっさりしたもの。
術後の体調管理は自宅でできるという気楽さはあったが、ずっと不安は付きまとっていた。

そんなこんなで、いろんな苦痛を乗り越えてやっと帰る事が出来た。
昨夜は疲れからか、ほっとしたのかさわやかな熱が出ていた。
気分はどこも悪くなかった。

c0043055_16234009.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2018-10-13 16:42 | 老い | Comments(2)

Commented by fu-and-boro at 2018-10-15 12:16
退院おめでとうございます。
大変な1ヶ月でしたね…というより読んでいて余計に悪くなってしまうように感じましたが
今の医学はすごいですね。大丈夫ですと言い切れるだけあってやはり大丈夫なのですよ。
私の場合は23日の入院でした。
そのあとは近くの病院へ手術跡のリハビリを兼ねて転院してくださいと言われましたが、
市立病院でのリハビリなら自宅でもできると思い帰ってきたのですが……、
甘かった! すぐに動けると思ったのですが半年かかりました。半年主人の介護でなんとか過ごしましたよ。
決して無理はなさらぬように。 傷が癒えるように一歩一歩良くなります。

そういえば昔は高齢者医療は無料でしたものね。
私は今は2割ですが入院の時は3割。 義兄が二つ年上なのですが「私は1割だ!」と威張られています(笑)

Commented by asanagi62 at 2018-10-18 15:13
fu-and-boroさんこんにちは~
退院後は先生のおっしゃるように簡単にはいかないようです。
37度台の熱が出たり入ったりの状態です。
6度台になると、お風呂に入ってみたり・・・・これがいけないのでしょうね。
気長くよくしていくより方法がありませんね。

先日、姉のことは東京のお嫁さんに渡しました。
自分の体の事と一緒になったものだから悩みましたが、自分が介護されるようになって人の介護は無理ですよね。

この歳になると、あすの命が分からなくなってしまいます。
いつまでもあると思うなこの命。
また少し良くなれば、やりのこしたことをかたずけなくてはと思います。