戦後を生きて(9)いつも昨日より今日がよかった。



c0043055_11255091.jpg
ヒメツルソバの花がたくさん咲いていた。
1センチほどの小さな花だが、蕎麦の花に似ており、しかも蔓の仲間なので、ヒメツルソバというらしい。
小さな花はなかなかカメラに収めることは難しい.

さて、間もなく平成が終わり、来年は年号が変わる。
平成は災害が多く日本は北から南まで大変な時代であった。
一方、世界に目を向けると、冷戦が終わり、ベルリンの壁が崩壊し、世界の新たな時代の始まりであったともいえる。
昨日はドイツのメルケル首相が2021年には政界を引退するというニュースが流れた。
地球のあちこちで、自国主義の大統領が出現し、世界の秩序がポロリポロリ崩れているのも確か。
平成の終焉とともに、また世界も新たな時代がやって来るのであろう。

そんな中、asanagiも人生76年を振り返ってみた。
生まれて22年間は両親に育てられた基礎教育の時代であった。
次の23年間は就職し、結婚し、出産し、夫と二人で働きながら子育てに夢中になった時代であった。
更に次の22年間は子供たちの巣立。
二人の子供が次々に大学、就職、結婚し家を出て行った。
そして今第4期。
この分だと、4期は23年間、只今4期9年目だから、残すところ14年。
asanagiは90歳まで生き続けるということになる。
人生100歳時代だから、それもありかもしれない。

考えてみると、どの時代もasanagiにとっては大変な時代であったと思う。
しかし、いつが一番良かったかと言われると、常に昨日より今日の方がよかったという思いが強いのも確か。
これからの14年間も人災も自然災害も無く、昨日より今日がいいと言えるよう願っている。


この花も小さな花である。名前は分からない。

c0043055_10495065.jpg



[PR]
by asanagi62 | 2018-10-31 11:34 | 戦後を生きて | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62