もっと動こう




c0043055_10304906.jpg
久し振りに夫の趣味の菜園へ出かけた。
雲一つない快晴の中、冬野菜が元気だった。
ポジテイブな夫はいつも「この菜園で一番よく育っているのは我が家の菜園。」といばっている。
並みかな、とは思うがそこは勇気づけるためにも「すごい!」と感嘆してきた。

少し早いかなとは思うが、白菜を収穫。
今週から、鍋料理もレシピに加えようと思う。

夫が水やりをしている間、農園を一歩きした。
芝の広場には人一人いなかったが、芝の新芽を踏みふみ1000歩ほど歩く。
体がポカポカしてきた。

学校時代、校長訓話で「体の中には火種がある。」と話しておられた校長先生の言葉を思い出した。
まだ、ストーブが教室にない頃だから、冬は寒い。
出来れば教室にいて寒い風を受けたくなかった。
そんな子供たちに動けばポカポカしてくるから外で元気よく遊ぼう、というお話であったと思う。

どうしても家に閉じこもりがちのasanagiにもいい教訓であった。
来るときはダウンコートにスカーフ、完全防備であったが、帰りはすべて取り除きたかった。

もっと動こう、もっと外に出ろう。
今日もそんな思いであった。

冬枯れの中、ケイトウの赤だけが目立っていた。


c0043055_10310881.jpg

[PR]
by asanagi62 | 2018-11-04 10:50 | 老い | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62