年を感じさせないおしゃれを!




c0043055_15165399.jpg
玄関に置いているもう一つの菊が満開になった。

さて、内館牧子さんの「もうすぐ死ぬ」という本の宣伝が新聞に載っていた。
宣伝だから詳しいことは分からない。
老年の夫婦がもうすぐ死ぬんだから、年を感じさせないおしゃれをしようということになり年齢より若い恰好をしてお出かけをするくだりがあるらしい。

asanagiはその考えには同感なので、読んでみたいと思うが、まだ読んではいない。

わが家も二人はもうすぐ死ぬる歳である。
二人とも身なりを整えるのが好きで、できる限りのおしゃれ(と思ってはいる)をしてお出かけをする。

今日のお買い物には夫は黒いコートを着て、その下には毛入りのブルーのワイシャツであった。
春用の白っぽいコートを着ているので、黒をお勧めすると、さっそく黒に変えたようである。

asanagiは黒の上下に黄緑のウオーキング用のコートをはおり出かけた。

途中、娘の幼稚園の先生に出会う。
70歳であるが、若々しくて、明るい顔は昔のまま。
白っぽいズボンに、明るい柄のブラウスがよく似合っていた。
年を感じさせないおしゃれだなあと感心する。

asanagiはどうか。

スーパーにウオーキングはないよなあ。
年とともに、おしゃれに疎くなるけれど、お出かけの時は場を考えることを忘れないようにしたいと思った。

一昨日夫は冬用のシャツを2枚買った。
おしゃれが大好きのようである。
asanagiも似合う似合わないは別として、できるだけ若々しくいる工夫をしたいと思うのであった。


c0043055_16184795.jpg


[PR]
by asanagi62 | 2018-11-12 16:20 | おしゃれに生きる | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62