皇帝ダリア



c0043055_10290529.jpg
皇帝ダリアのピンクが青空に映えて美しかった。
花言葉は乙女の純潔というらしい。

何しろ背が高く5~6mは伸びるらしい。二階の窓から観賞するのにちょうどいいような高さである。

初めて見たのは数年前であったが、珍しいので、持ち主に尋ねてみた。
皇帝ダリアは木立ダリアともいうらしい。

ダリアは懐かしい花の仲間である。
梅雨頃になると、庭のあちこちから芽を出し大きな花がいっぱい咲く。
それを学校へ持っていくのが楽しみであった。

当時は教卓だけが立派なツボであったが、その他は竹を切って節を一つ残し、竹筒の上の方に穴をあけて、柱に掛けていた。
柱ごとに掛けているので、全部そろうと賑やかで華やかであった。
もちろん先生には特別立派な花を活けてあげたのは言うまでもない。

ダリアで華やかになると、授業はそっちのけで、花ばかり見ていたような気がする。

皇帝ダリアに出会うと、背が高くでかいが花のかたちは昔のまま、いつも懐かしさがこみ上げてくる。

c0043055_10300911.jpg




[PR]
by asanagi62 | 2018-11-14 11:14 | | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62