大阪万博決る




c0043055_11230770.jpg
早朝から大阪万博が決まったことで、大騒ぎをしているようであった。
これが決まると大変な経済効果があるとか。
大阪ももう一度クローズアップできると意気込んでいるようであった。

何年か前であった。
大阪万博は未来型の介護施設を発表する場にしたい。と言っていたような気がする。
それが変更されていないとすれば、2025年だから、我々の世代が介護真っ最中。
未来型の介護を受けられるかもしれない。
いささか期待も膨らんだ朝であった。

昨夜は認知症の番組を見た。肝心なところは寝てしまって観てないが・・・・・

認知症はたんぱく質の塊が出来て、神経細胞が死んで仕舞うところまで分かっているそうである。
現在このたんぱく質の塊ををたたく研究が超スピードで行われているそうである。
間もなくそれも現実化してくるだろう。
そして、癌も治り、認知症も減ってくる。
人間は死ななくなる。
いよいよ人生100年時代が現実化してくるというのだろう。

そんな時代の未来型の介護ってどうなるんだろう。

今は人間の代わりにロボットが出来て・・・食事を運んでくれて・・・食べさせてくれて・・・
そんなことを連想していたが、きっと思いもつかない素晴らしい世界が広がってくるのだろうと思う。

今朝の記者会見で、松井知事はあっと驚くようなものにしたいといっていた。
昨年はカジノを含む大型リゾート施設建設に先立ってカジノ法案がも成立した。
まさか、未来型の介護施設のはずがカジノを含む大型リゾート施設にとってかわられてしまうのではあるまい。
期待していた経済効果も、外国資本に持っていかれてしまう危険性を主張している人もいる。

テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」サブテーマが「多様で心身ともに健康な生き方」だそうである。
何はともあれ、未来型の素晴らしい博覧会が催されることを願っている。

赤カブ大根の浅漬けである。香りが絶品であった。

c0043055_11234883.jpg

by asanagi62 | 2018-11-24 11:56 | 最近の話題 | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62