11月は終わった




c0043055_11260433.jpg
霧の深い朝であった。
こんな日は盆地独特の曇り空。
一方では霧が川を下り、嵐となって海に出る。これを肱川嵐と言って、有名ではある。
また、他方、霧が上へ向かって進むと雲海となる。
山の上から見ると、まるで盆地が真っ白い雲に覆われているように見える。
青い空、白い雲、それが目の前にそびえている様は子供でなくても乗って遊びたくなるような錯覚を起こす。
盆地ならではの絶景である。

さて、今日で11月は終わった。
体もやっと元に戻った。
11月は可もなく不可もなくののどかな毎日であった。
例年通り、お歳暮やおせちの注文も終わった。
明日からは大掃除である。

c0043055_11560836.jpg




by asanagi62 | 2018-11-30 11:57 | 季節の行事 | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62