久々に明るい話題。



c0043055_11424340.jpg
うっとうしい朝であった。
霧の中に佇むお城である。
12月ということで、ダウンジャケットを出し、着ぶくれしたまま買い物に出かけた。

途中珍しい人に出会う。
30年以上前の教え子Sさんのお母さんである。

Sさんは現在高校の体育教師。
そういえば、Sさんは運動が大好きで、体育が大得意であった。
asanagiはいつも「すばらしい、すばらしい。」とほめていたのを覚えている。
お母さんによると、それが自信につながったらしい。
小、中、高と文武両道を続け、大学は鹿児島の国立体育大学に進学し、晴れて体育教師になったらしい。
美しい女性との結婚式には多くの招待客の一人として、asanagiもそこにいた。

そのSさんの子どもさんが、この春、サッカー選手になった。
それも高卒でプロ契約をし、現在1群で活躍をしているのだそうである。

おじいちゃん譲りのDNAで身長も180センチを超え。
おばあちゃん譲りのDNAでずば抜けた運動神経の持ち主らしい。
その中で、Sさんがサッカーの英才教育をしたのであろう。
今年すでにJ1の試合にも出場をしたらしい。
本人の夢は日本代表となって世界で試合をすることらしい。

久々の明るい話題であった。
asanagiまで我がことのようにうれしいひと時であった。

c0043055_13082490.jpg








Commented by fu-and-boro at 2018-12-07 17:46
素敵なお話、 嬉しくなりました。
先生の一言ってほんとうに神の声に聞こえるときがありますよ。
そういう恩師に巡り会え幸せな教え子さん。
先生冥利に尽きることと思います。
教え子さんも嬉しいでしょうね、祖母の心境で応援ですね。
Commented by asanagi62 at 2018-12-08 16:35
fu-and-boroさんお久しぶりです。
コメントありがとうございます。
最近有酸素運動のため戸外に出ることが多いのですが、いろんな人との出会いがありますね。
一昔前になりましたが、懐かしい話を聞くと、我がことのようにうれしくなってしまいます。
by asanagi62 | 2018-12-07 14:01 | 最近の話題 | Comments(2)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62