カテゴリ:最近の話題( 282 )

ジーンとしてしまった。



c0043055_10430611.jpg
昨日は1月にしては暖かい大寒であった。午後から又散歩。
元気色のガザニアが咲いていた。

さて、今日は都道府県男子駅伝が広島であった。
この大会は中学生2人と、高校以上5人合計7人で戦われる。
地元の選手が出るので毎年楽しみにして見ている。
今年の予想は19位以内。女子もそのくらいだったので期待はしていた。
しかし、走ってみると、中々そんなわけにはいかない。
序盤から30位をうろうろしていたが、最終走者になってついに43番まで下がってしまった。
中々思うようにはいかないものである。
しかし、郷土のたすきを背負って頑張ってくださった選手の皆さんにはありがとうと言いたい。

ところで、この大会で、毎年ジーンと来る場面がある。
中学生が走った後、高校以上の選手との襷渡しの場面である。
先輩は中学生に「ラスト~」と大声をかける。その時の優しそうな顔。
そして、襷が渡されると今度は中学生の選手の頭を撫でて自分の走りにつくのである。
おそらく「よく走った」と激励をしているのだろう。
この時asanagiは毎年ジーンときてしまう。
良い光景だなあと思ってしまうのである。

今年も何組かこの光景を見せてくださって都道府県男子駅伝は終わっていった。

ガザニアによく似ているが葉がまるで違う。名前は分からないが、元気色である。

c0043055_10140832.jpg
十六 中納言行平

たち別れいなばの山の峰に生ふる
 まつとしきかば今帰り来む


by asanagi62 | 2019-01-21 11:11 | 最近の話題 | Comments(2)

思わぬプレゼント





c0043055_18384373.jpg
スーパーの店頭にはクリスマスの花で大賑わい。
真っ赤なポインセチアやシクラメンが華やかだった。

そんな中、思わぬ贈り物が。
大学時代の親友から愛媛の高級柑橘紅マドンナが届いたのである。

早速お礼の電話を掛けた。
秋には久し振りにあっておしゃべりをするはずであったが、asanagiの思わぬ病気で、延期になった。
彼女も元気者のasanagiがまさか病気になるとは思っていなかったようである。
何時になくasanagiの弱々しい声ににショックを受けていた。
高級柑橘を食べて少しでも元気を取り戻してほしいという。
彼女の心遣いに感謝すると同時にうれしい嬉しい贈り物であった。

紅マドンナは、愛媛生まれ。
大変薄くて柔らかい外皮に包まれ、果肉はゼリーのようになめらかで果汁もたっぷりらしい。
その上、大玉で、紅の濃い美しい外観。
愛媛の誇る高級柑橘である。

asanagiは愛媛にいながらまだ紅マドンナは食したことがない。
食べ方も皮をはいでいただくのではなくて、切っていただくらしい。
明日には早速いただいてみることにしたい。


c0043055_19194032.jpg


by asanagi62 | 2018-12-21 19:25 | 最近の話題 | Comments(0)


c0043055_15225948.jpg
曇天で、雨もぽろぽろしていたがカメラを持っていると、どこかにあっというものに出会う。
お向かいさんの庭にはバラが咲いていた。可憐が似合うバラであった。

そんな中、昨夜は北海道で凄い火事があった。
まだ原因は定かではないが、丸々一軒跡形もなく焼けていて爆発のすごさを改めて知ることとなった。
幸い死人が一人も出なかったことは不幸中の幸いであった。

asanagiも長い人生の間には何度か「うわあっ!」と身震いをしたことがある。
確か中学生の頃だったと思う。
その頃は給食が無くて、お昼ご飯は家に帰っていただいてまた学校へ行っていた。
昼食を済ませて何気なく二階へあがってみた。
すると、朝使ったアイロンのコードを抜かないまま学校へ行っている。
今の電気製品なら、温度調節がある程度できているがその頃のアイロンには無い。
まる4時間ほど過熱しっぱなしで、畳が黒こげになっていたのである。
あわてて水をかけたがシューというものすごい音がし白い煙がたちまち部屋中に広がった。

今にも火が出て燃え上がるところであったが、九死に一生を得たところであった。
もちろん家族の誰にも言えず、その日は水浸しのまま学校へ行った。

何気なく二階に上がろうと思ったことは天命としか思えない。
そのまま学校へ行っていたら大火事になっていたのではないかと思うと今でもぞっとする。
その後は座布団をかけて隠していたので、見つかったのか見つからなかったのか誰にも責められることはなかった。

その教訓から今でもアイロン、ガス、ストーブ等火元になるものには細心の注意を払っている。

しかし、最近は物忘れが加速し、出かけた後で、アッと思うことがありすぎる。
玄関の鍵を閉めた後で、「ストーブを消したかな。」とおもったり。
布団の中へ入った後で、「ガスの種火を消したかな。」と思ってまた起き上がったり。
何とも頼りなくて、不安なasanagiである。
今日は諦めず、細心の注意をしようと再決心をした次第であった。

雑草の中にもあっと驚くきれいな葉を見つけた。
赤く色ずいた南天の葉である。緑の葉の中で存在感があった。

c0043055_15230905.jpg

by asanagi62 | 2018-12-17 16:10 | 最近の話題 | Comments(2)

PAYPAYが終わり?



c0043055_16182426.jpg
銀杏も楓もすっかり葉が落ちた枯れ枝の中で、お城が青空に映えていた。
久し振りの晴れ間の中、子供たちの笑い声が聞こえていた。
何時の世も子供の声ほど清々しいものはない。

さて、来年の3月までの限定サービスと言って世間を騒がせていたpaypay。
今朝はもう達成したとの報道があった。

paypayって何?
モバイル決済のための顧客取り?
そのための宣伝?

2020年のオリンピックに向けてキャッシュレス社会にするため、消費税を利用しているんではないか。
分からないなりに何と無くそんな気がしている。

それにしてもヤフーとソフトバンクだけが大々的に宣伝をしているので、いいんだろうか。
我がスマホドコモはどうなんだと思っていたら、今朝は負けずに宣伝が出ていた。

ケータイからスマホへ。
新規購入は頭金割引。
他社からの移動は頭金還元。
スマホの無い人は会員登録で、ポインコカレンダーのプレゼント。
全く負けてはいないようであった。

JAもクレジットをお持ちでない方にお誘いの張り紙がしてあった。
「これって、モバイル決済のための準備ですか。」と聞いてみると、「この辺はまだそこまでは・・・」
とはいうものの店員さんが知らないだけかもしれない。
もはやキャッシュレス社会の準備は田舎の隅々にまで来ているようであった。

我が家はスマホとガラケーを持っていて、両方のいいところを使っている。
しかし、二人ともスマホを持たないと、生きていけなくなるかも。

幸いドコモスマホ教室が無料で開催されている。
乗り遅れないうちに出かけてもっと学ばないといけないと思うのであった。

キンカンも黄色く熟れていた。小さいなりに存在感も。

c0043055_16183816.jpg



by asanagi62 | 2018-12-15 16:49 | 最近の話題 | Comments(0)

我が家は何?




c0043055_10520594.jpg
クリスマスが近づくと店頭にはシクラメンが多くなる。
植物を育てるのはうまいと自慢している夫。
なぜがシクラメンは毎年買っているようである。

そんな中、昨日は今年の漢字が発表された。「災」である。
日本を縦断して、地震や豪雨が多発。
多くの人が災害に合った苦しい年であったことは誰もが疑わないだろう。

わが家も一年を振り返ってみた。
どう考えても「病」である。

お正月から、帰省中に孫がインフルエンザにかかり大慌て。
夫が今年から一か月2回の医者通い。
asanagiも3回の入院。
極めつけは年末近くなって夫の帯状疱疹。
「病」という漢字はこれも誰もが疑わないだろう。

今朝、夫に「我が家の漢字一文字は病に間違いなしですね。」と確信を持っていった。
ところが、夫は「幸だ」という。

孫はその後健康に気を付けて元気に運動に学業に専念している。
夫もウオーキングを毎日欠かさずし、薬を飲んでいるので、安心して何でも食べれる。
そして体は数値も正常になり快調そのもの・・・・だという。
そういえばasanagiも術後はより多く外へ出るように努め、快調である。

我が家はまぎれもなく病を転じて幸になったのかもしれない。
今年の漢字は一歩ゆずって、ポジテイブな夫の言う「幸」にしておこうと、思うのであった。

軒先からのぞいてる柑橘もすっかり黄色く実っていた。

c0043055_10531060.jpg

by asanagi62 | 2018-12-13 11:21 | 最近の話題 | Comments(0)

久々に明るい話題。



c0043055_11424340.jpg
うっとうしい朝であった。
霧の中に佇むお城である。
12月ということで、ダウンジャケットを出し、着ぶくれしたまま買い物に出かけた。

途中珍しい人に出会う。
30年以上前の教え子Sさんのお母さんである。

Sさんは現在高校の体育教師。
そういえば、Sさんは運動が大好きで、体育が大得意であった。
asanagiはいつも「すばらしい、すばらしい。」とほめていたのを覚えている。
お母さんによると、それが自信につながったらしい。
小、中、高と文武両道を続け、大学は鹿児島の国立体育大学に進学し、晴れて体育教師になったらしい。
美しい女性との結婚式には多くの招待客の一人として、asanagiもそこにいた。

そのSさんの子どもさんが、この春、サッカー選手になった。
それも高卒でプロ契約をし、現在1群で活躍をしているのだそうである。

おじいちゃん譲りのDNAで身長も180センチを超え。
おばあちゃん譲りのDNAでずば抜けた運動神経の持ち主らしい。
その中で、Sさんがサッカーの英才教育をしたのであろう。
今年すでにJ1の試合にも出場をしたらしい。
本人の夢は日本代表となって世界で試合をすることらしい。

久々の明るい話題であった。
asanagiまで我がことのようにうれしいひと時であった。

c0043055_13082490.jpg








by asanagi62 | 2018-12-07 14:01 | 最近の話題 | Comments(2)

暖かすぎて・・・・





c0043055_15514031.jpg
今日は歯のクリーニングの日である。
12月だというのに何とも暖かい。

予定していたお洋服は黒のセーターに、スエードで黒の薄手のコートであった。
出かける前にはコートを脱げば、鼻水が出るし、着れば生暖かすぎる。
しばらく思案したが、そこは寒がりのasanagi、やはりコートを着ていくことにした。

道々出会う人は薄着である。中学生らしい男の子は上着を脱いで、白のワイシャツ。
さすがダウンコートの人には出会わなかった。
着ぶくれした人はasanagiだけのようであった。

今年は暖かすぎて、野菜が安値。4割も安いそうである。
昨日は大きくなり過ぎた大根が抜けなくて、四苦八苦している農家の人がテレビに映っていた。

我が家のほうれん草も伸び放題である。

c0043055_15515477.jpg

by asanagi62 | 2018-12-04 16:07 | 最近の話題 | Comments(0)

追想を読んで




c0043055_10133445.jpg
この冬は暖冬らしく、12月に入ってもダウンジャケットは暑苦しかった。

さて、今朝の新聞では「追想」という記事が一面を占めていた。
前を向いて生きねばならないのに、ともすれば過去の記事に目が行ってしまう。

今年亡くなられた著名人の事が書いてあった。
女優の樹木希林さん,アメリカの政治家ジョン マケイン氏、元抑留者の中川義照氏、元海の博物館館長石原義則氏である。
4人ともそれなりに素晴らしい人生を歩んだ人である。

中でも樹木さんは、常に表舞台で活躍してきた人であり、asanagiと同年代。
良くも悪くも話題はいつも見たり聞いたりしてきた。

楽しい人であったが、お顔を見ると、喜劇人なので、ほっともする面もあった。
しかし、喜劇人として、笑われながら、泰然と生きた人でもある。
亡くなった後もこんなに惜しまれた人も少なくない。

「おごらず、人と比べず、面白がって平気で生きればいい」
これは常日頃娘さんに言ってきた言葉らしいが、お別れ会の時娘さんから明かされた。

驕るもの久しからず。
人と比べれば、嫉妬しか生まれない。
なんでも前向きにとらえて楽しく生きる。
そして悩まない。

今を生きるasanagiの心にも響くほっとする言葉であった。


c0043055_10131807.jpg




by asanagi62 | 2018-12-02 11:20 | 最近の話題 | Comments(0)



c0043055_10295617.jpg
近くの老人施設の庭で、楓が真っ赤に色づいていた。

さて今朝はNHKのBS4KとBS8Kが開設された。
くわしいことはわからないが、また一つ新たな時代に突入したのだそうである。

そんな中、世界で今年活躍した100人の女性として、日本人の90歳の女性が紹介されていた。
白髪で、白いブラウスの上に真っ白いセーターを着て何とおしゃれな90歳。

オリンピックまでに英会話をマスターしたいと、孫の教授を受けて頑張っているらしかった。
戦争開始とともに、英語の授業が受けれなくなって、その悔しさを今実現しているという。
これからも思い立ったことはどんどん実行し、人生を豊かにしたいという。
素晴らしい生き方だなあと感心した。

さて、asanagiはどうか。
今年は人生の一つの転機であった。
残された時間が少なくなった今、自分の為に、自分らしく生きたいと思っている。
しかし、どう生きることが自分らしい生き方なのか、それもまた悩むところである。
何がしたいのか、何をしなければならないのか、悩んでしまう。

思い立ったことをどんどん実行に移す・・・これは参考にしたい。

仮名文字をマスターしたいと思って書道に打ち込んだが、これも中途半端。
英語も中途半端。料理も中途半端。写真整理も中途半端。終活も中途半端。
中途半端が多すぎる。

とにかく無理のない生活の中で、思い立ったことをどんどん実行に移す。
この言葉の意味を考えてみたいと思う朝であった。

ぽかぽかの陽気の中で、ホトケノザが生き生きしていた。


c0043055_10300989.jpg

by asanagi62 | 2018-12-01 10:52 | 最近の話題 | Comments(0)

貴景勝優勝おめでとう





c0043055_14361993.jpg
庭のパンジーが少し大きくなってきた。

さて今年は良くも悪くも貴乃花が話題をさらっていた。
部屋のごたごたは中にいる弟子たちには大なり小なり被害を受ける。
親方のゴタゴタを弟子たちはどんな気持ちで見ていたのだろうか。

その中にあって貴景勝が優勝したということは一筋の光であった。よかったなあと思う。
十日目以降は祈るような気持ちで、応援をしていた。

今朝は、優勝した貴景勝の事が話題をさらうかと思っていたが、今度は貴乃花の離婚問題で賑わっている。
残念でたまらない。

千賀ノ浦親方は見るからにほのぼのとしている。
貴景勝には新しい部屋で、次を目指して頑張ってほしいものである。

野菜のお礼かな?
今日は息子から高級クッキーが届いた。


c0043055_15163962.jpg




by asanagi62 | 2018-11-27 15:17 | 最近の話題 | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62