カテゴリ:花( 335 )

クリスマスローズ



c0043055_10390067.jpg
最近めっきり見ることが無くなったクリスマスローズ。
元々花が咲いても下向きで、中々写真にとることは難しい。
冬枯れの中、僅かに蕾が出ていた。
間もなく咲くのだろう。

クリスマスローズは他の植物には見られない美しくシックな色合いで咲く早春の花だと言われている。
花は下向きに咲いていることが多いが、そのためか後ろ向きで、思いやりのある花言葉が多いらしい。

c0043055_10392209.jpg

三十九 参議等

浅茅生の小野の篠原しのぶれど
あまりてなどか人の恋しき

by asanagi62 | 2019-02-17 11:02 | | Comments(0)

梅の木



c0043055_15450553.jpg
雲の多い日であった。気温はさほどではないが、風が冷たい。底冷えがする。
そんな中、つかの間の晴れを利用して外にでて見た。
紅梅、白梅、しだれ梅
どの梅の木も満開であった。

午後から確定申告のための書類を整理した。
昨年は医療費が増大。
控除の対象になるかもしれない。

c0043055_15424817.jpg
三十八 右近

忘らるる身をば思はずちかひてし
人の命のをしくもあるかな



by asanagi62 | 2019-02-16 19:43 | | Comments(0)

椿



c0043055_15082702.jpg
どの角度から見ても可愛い椿だなあと思う。
今日は快晴。
少し暖かくなったし、農園へ行きたかったが、今日から花粉が少し多いらしい。
そういえば、庭へ出ただけでも目がかゆい。
今年は花粉が多いらしいので、外を拒否しているだけでは済まされないが、今日は止めることにした。

庭には椿が次から次へと開きはじめてきた。
つぼみの先がほんのり赤くなってきた。

c0043055_15083872.jpg

三十七 文屋朝康

しらつゆに風の吹きしく秋の野は
つらぬきとめぬ玉ぞ散りける

by asanagi62 | 2019-02-13 15:16 | | Comments(2)

桜草



c0043055_16192948.jpg
風は冷たかったが、よく晴れた気持ちのいい日だった。
歩いていると、いろんな桜草に出会った。

c0043055_16195273.jpg

c0043055_19242908.jpg
三十六 清原深養父

夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを
雲のいずこに月宿るらむ

by asanagi62 | 2019-02-12 19:25 | | Comments(0)

オキザリス



c0043055_10280217.jpg
雲の多い日だった。
外へ出ろうとすると雨、諦めると止む。ストレスがたまりそうな一日だった。

昨夜、息子から「産経新聞に記事が出ているので、よかったら読んで。」という℡が入る。
我が家は郷土の新聞しか取って無いので、買いに行くことにした。

初めにスーパーを探す。
日経新聞はあるが、産経新聞はなかった。

PCで探すと駅に販売所がある。
電話をしたが、留守のようであった。
たまりかねて夫が車で駅まで行ったが、売店は閉まり、人もいなくて買う事は出来なかった。
明日は郷土の新聞はお休み。産経新聞も休みではないだろうか。

最近はシャッター通りが増え売り土地が目立つ。
地方は錆びれるばかりである。
新聞も読みたい日に買えないとは・・・

c0043055_10281280.jpg
三十五 紀貫之

人はいさ心もしらずふるさとは
花ぞ昔の香ににほひける





by asanagi62 | 2019-02-11 16:28 | | Comments(0)

オオイヌノフグリ



c0043055_15434683.jpg
北の方は-30度を超えた地方もあるとか。
一方沖縄の方は地震速報が出ていた。
相変わらず日本列島は北から南まで自然災害が絶えない。
そんな日であったが、意外と四国はポカポカ陽気。
オオイヌノフグリが顔を出していた。


c0043055_15421046.jpg
三十四 藤原興風

たれをかも知る人にせむ高砂の
松も昔の友ならなくに


by asanagi62 | 2019-02-10 16:07 | | Comments(0)

菜の花





c0043055_10175137.jpg
菜の花の菜は食用という意味らしい。
そういえば、菜の花は菜種だけでなくキャベツ、白菜、蕪、ブロッコリー、からし菜、ザーサイからもできる。
食べたことはないが、全部食べれる花である。

さて今日は久しぶりにピアノに触ってみた。
日頃はご近所さんに遠慮して音を出すことをためらっていたのであるが、この頃少し静寂すぎる。
ピアノは脳トレにもいいらしい。

ところで、我々世代の習い事はピアノ、習字、少し大きくなってからは華道、茶道であり、のどかであった。
最近の子供の習い事は多種多様で、英才教育も盛んだそうである。
大学受験も2020年から大きく変わるらしい。
どんな世の中になっていくのだろうか。


c0043055_10171145.jpg
三十三 紀友則

久方の光のどけき春の日に
しづこころなく花の散るらん


by asanagi62 | 2019-02-09 15:30 | | Comments(2)

子供たちにいい環境を!



c0043055_11354737.jpg
昨日は最高温度19度、3月末の暖かさであった。
にわのヒイラギ南天の花が咲き始めた。
例年より少し早い気がする。

さて、このところ、児童虐待問題がクローズアップされている。
「子供を産まないのが問題だ。」と言うけれど、産んでもまともに育てられない環境がある。
待機児童の問題、保育所の問題、いじめの問題、虐待の問題、登校拒否の問題、子供の貧困の問題など数知れない。

教育は人生を変える、社会も変える、国も変える。
すごい力を持っていると思う。
是非、個人の問題にしないで、本気で子どもたちの教育を考えてほしいものである。

間もなく消費税が上がる。
これは社会保障のために使い、すべての子供が素晴らしい大人に成長していけるよう希望している。

c0043055_11351352.jpg

三十二 春道列樹

山川に風のかけたるしがらみは
流れもあへぬ紅葉なりけり

by asanagi62 | 2019-02-08 12:07 | | Comments(0)

あれから7か月



c0043055_15452608.jpg
曇り空であったが、三月の陽気。
今日は西日本豪雨から7か月目、肱川べりを歩いてみた。
何事も無かったかのように菜の花が咲き乱れていた。

川底は砂がたまり、傷んだままの護岸もまだ工事中であった。
しかし、暴れ川と言われる肱川の水は穏やかであった。

c0043055_15453776.jpg
三十一 坂上是則

朝ぼらけ有明の月と見るまでは
吉野の里にふれる白雪

by asanagi62 | 2019-02-06 16:25 | | Comments(0)

寒梅



c0043055_13002856.jpg
この所の陽気で、梅の花がどんどん開きはじめた。
寒梅である。

さて、今日は買い物の日。我が家は夫と二人でいつも出かけている。
asanagiはノート片手にお目当ての品物を探す。
夫はカートを引きながらうろうろと目立たぬようについてきている。
一見仲の良い二人である。

しかし、80歳を前にして夫は少し気弱になってきた。
昨年はトイレが近いので、友達との団体旅行を止めた。

今日は市役所から今年度の農園の借地申し込みが来た。
あんなに生きがいだった趣味の農園も止めたいという。

半世紀も一緒に暮しasanagiのわがまま放題を許してくれた夫である。
感謝をこめて恩返しをしなければと強く思うのであった。

昨年撮った梅の花である。
公園の池では透き通った水が張ってあって懐かしい。
一日も早い復興が待ち遠しい。


c0043055_13012304.jpg
三十 壬生忠岑

有明のつれなく見えし別れより
暁ばかり憂きものはなし


by asanagi62 | 2019-02-05 16:43 | | Comments(0)

残された時間の中でおもうこと


by asanagi62