やまぶきが・・・・



c0043055_18591817.jpg
朝夕はセーターが欲しくなるが、庭ではもう山吹が開いていた。
確か4月から5月にかけて咲く花だった気がする。

春雨の露のやどりを吹く風にこぼれてにおふ山吹の花
この和歌は古今和歌集の源実朝のうたである。

この情景を想像すると、何とも優雅な気持ちにさせられる。

そんな中、今日は午後から美容院、市役所、耳鼻咽喉科、郵便局といろんなところへお出かけしてきた
世間はもう夏、半袖の人、薄いブラウスの人。
山吹の季節であった。

c0043055_19151896.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2018-03-29 19:18 | | Comments(0)

単なるスキャンダルではないような・・・・



c0043055_17223067.jpg
薫風を思わせるさわやかな風が吹き、可憐な水仙も一気に咲きそろった。
爽やかな春である。

そんな中、森友問題がくすぶり続けている。
昨日はずっとテレビにかじりついていたが、終わってみると、期待はずれであった。
もう子供でも一連の図式は分かっている問題であるのに、総理も夫人も官邸も大臣もかかわっていないと言わせていた。
これでお終いになるのだろうか・・・・・

そもそもこの問題の発端は教育改革にあると思う。
イデオロギーの対立が事の始まりである。
戦前のようにお国のために働く愛国心の強い国民を幼少期から育てようとする一派と戦後の民主主義を守ろうとする一派の戦いかもしれない。
極右と左翼の戦いではないだろうか。
教育勅語を暗唱させ、阿部首相がんばれと叫ばせていた幼稚園児にびっくり仰天した人たちは多いことだろう。

今は出発点から遠くなってしまって、8億円の値引き問題に発展し、更には文書の書き換えが焦点になっている.

ずっと教育に関心のあるasanagi。  
道徳の教科化をはじめ政治家の教育への介入。
教育によって戦前のイデオロギーを強制し、再びかわいい子供を戦場へ送ることが無いよう祈るばかりである。

いろいろ考えると、森友問題は戦後の民主主義の根幹を揺らぎかねない重大な問題である。
決して、8億円値引きの小さなスキャンダルとしてかたずけてはならないと思う。


c0043055_17224709.jpg




[PR]

by asanagi62 | 2018-03-28 18:02 | 最近の話題 | Comments(0)

さくら



c0043055_11240052.jpg
今年もお城の桜は満開だった。
今年は花粉症が例年になくひどく重症。
その上昨日ぎっくり腰。
お城の近くに住み、満開でも行けないだろうと思っていたが、陽気につられていってきた。
観光客も例年より多いし、お城は賑わっていた。
毎年思うことだが、やはりお城は桜が一番である。

c0043055_11313999.jpg
c0043055_11320602.jpg
c0043055_11242647.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2018-03-26 11:34 | お城山 | Comments(0)

ゴールドファースト



c0043055_11272982.jpg
アメリカファーストで華々しく政界にデビューしたトランプ氏。
今度は経済摩擦で、戦争が起きそうなのか、もう起きているのか。
この所世間が騒がしくなってきた。

そんな中、我が家にもゴールドファーストという木がやって来た。
その名の通り、次第に黄金色に色ずいてきて、どの木よりも一番黄金色に輝くという。
早く見てみたいものである。
夫は「この木は庭に植えておくと家に黄金が続々と入ってくるという縁起のいい木だ」という。
縁起がいいとか、福が入ってくるという言葉に弱いasanagi。
殺し文句かもしれないという疑いはないわけではないが・・・・・

さて、我が家にはほかにも変な木がある。
芽は出ても実にならないリンゴの木。
実になっても食べられない柿の木。
実を付けていたが、剪定を間違えたので、ふてくされて実を付けなくなったレモンの木。
年金暮らしで、黄金に恵まれなくなった我が家で、この木はどの様に育っていくのだろうか・・・
どうやらもう少し生きて見届ける必要があると思うのであった。


c0043055_11280567.jpg



[PR]

by asanagi62 | 2018-03-25 11:49 | | Comments(0)

やはりいいことが・・・




c0043055_15172953.jpg
春たけなわ。東京は今日桜が満開に。
近くのお城も昨日が5分咲き。今日は天気がいいのでほとんど開いているかもしれない。

そんな中、我が家もいろんな花が咲き乱れている。
お正月前から咲いていた桜草は、あふれんばかりの花でいっぱい。
椿も、水仙も、花盛りである。
今年はどうしたわけか、いつものピンクの椿の枝から赤い椿も咲いている。
突然変異か、狂い咲きか、寒暖差の激しい気候に花たちも迷っているようである。

さて、我が家にはもう一つ、うれしい花も咲いている。
昨日、息子から思わぬ謹呈本が10冊も届いた。
これまでもいろんな論壇にデビューしていて、いろんな記事を書いてきた。
しかし、その間自分一人の著書は出版してこなかった。
ネット時代だから・・・・と思って来たが、やっと初版を出版する事が出来たようである。
難しい本なので、まだ全部は読み通していないが、後書きを読んで、号泣をしてしまった。
想像以上にいろんな人達と出会い、御指導していただいたり、切磋琢磨できたことが書かれていた。
そのことに感謝をしている姿にもふれることができた。
親としても感謝感謝であった。

今年は何かいいことが・・・と思っていたが、こんなにも早く来るとは想像もしていなかった。


c0043055_15413590.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2018-03-24 15:44 | 家族 | Comments(0)

今年は何かいいことありそうな!



c0043055_15051673.jpg
我が家の庭で芽が出て、毎年少しづつ伸びていたつばき。
何年か前、夫が植木鉢に引っ越しをした。
それから何年たっただろうか。
枝が伸び、葉が増え、枝が伸び、葉が増えを続けていたが、今年は初めて蕾をつけていた。

この椿、以前わが家にいた紅白の椿だろうか、それとも真っ赤の椿だろうか。
夫と毎日のように蕾を見ながら楽しみにしていた。

少し暖かくなって、赤のようでもあり、白も見えるようでもあった。
しかし、一斉に開きはじめた椿は真っ赤の椿であった。

我が家の玄関先で、初めて開いた椿。
植物だが我が子のように可愛い。

まだ背丈は70センチぐらいだろうか、それでも花は10個以上も咲いている。
遅ればせながら、今年は何かいいことがありそうな、と思うのであった。

c0043055_15045040.jpg

[PR]

by asanagi62 | 2018-03-09 15:21 | | Comments(0)